キャッシングの在籍確認で聞かれることって何?会社にバレた事例

キャッシングの在籍確認で聞かれることって何?会社にバレた事例

キャッシングの契約で心配になるのが在籍確認です。

 

在籍確認とは、申込書に書かれている会社に本当に勤めているのかどうか確認する作業で、収入の裏付けにもなります。

 

中にはすでに退社した会社の名前を書いたり、まったく関係のない会社を書いてしまう人もいます。

 

キャッシングは安定した収入があって支払いができる人が契約できる金融商品ですので、こうした嘘によって契約をしてしまうと金融機関が大損害を被ってしまうこともあるのです。法的に在籍確認が必要とされているわけではありませんが、ほとんどの金融機関のキャッシングでは、本審査で在籍確認が行われています

 

ただし、中には会社発行の保険証や給料明細の提示によって、在籍確認が取れたものとして扱ってくれるところもあります。こうした会社は少数です。

 

在籍確認は必須?

在籍確認は必要か不要かと言われたら必要です。働いて収入のある人しかキャッシングを利用することができないためです。特に多いのが、退職した会社に勤めていることにして申し込みをしてしまう人です。

 

特に退職後の無職の間は社会的信用力が大きく低下してしまいます。そのためクレジットカードやカードローンの契約では不利になってしまい、審査に落ちてしまうこともあるのです。それを嘘をつくことによって審査に通ろうとするわけですから、勤めている会社の虚偽申告は悪質であるといえます。

 

もし金融機関からキャッシングをして破たんしてしまったら、金融機関は大きな損失を出してしまうことになります。特に銀行の低金利のローンでは借主が破たんしないかどうかが非常に重要で、審査でも厳しく扱われます。

 

また、正確な審査が行えないと、適正な金利で契約ができないというデメリットもあります。在籍確認を給料明細や保険証でパスしてくれる会社は確かに便利ですが、そうした書類では電話による在籍確認と比較すると確実性が低くなります

 

そのため契約ができた場合でも金利が高く設定されてしまうことがあります。

 

高い金利は借主にとっても利息負担が大きくなる原因ですので、会社への在籍確認が嫌だと思っても、そこは自分のためにもしっかりと確認作業を行ってもらい、金融機関に正しい判断をしてもらうと良いでしょう。

 

ただし、在籍確認はあくまでも金融機関側の判断で行われるものです。契約額が非常に少額だったり、申込者がアルバイトやパートの場合は確認を取らないこともあります。アルバイトやパートは簡単に職を変えることができるため、在籍確認を取る必要がないためです。

 

仮審査通過後に、その後の審査の流れについて説明をしてもらうことができますので、自分が申し込んだキャッシングで在籍確認があるのかどうか確認してみると良いでしょう。特にアルバイトで電話がかかってくるようなことがない人の場合は、電話を受け取った人に在籍確認だとわかってしまうこともあります。

 

在籍確認がおこなわれるタイミング?

まず、一般的なキャッシングの流れは、申込をして仮審査を受け、仮審査に通過すると本審査になり、本審査に通過するとキャッシングのカードが発行されます。在籍確認が行われるのは本審査です。本審査の中にもいくつか手順があり、まず借り入れ意思の確認です。

 

そもそも本人の申し込みでない場合のキャッシングは受け付けることができませんので、まず電話をして本当に申し込んだのかどうかを確認するのです。仮審査に落ちてしまった人の場合はその後の手続きはすべてなくなりますので、在籍確認はありません。借り入れ意志の確認が取れた後に手続きの案内を受け、在籍確認と本人確認書類の送付を行います。この2つの確認作業は同時並行して行われることもあります。

 

最近のキャッシングでは本人確認書類はインターネットを通して写真データで送ることもできます。郵送の場合は数日かかってしまうこともありますので、すぐにお金を借りたい場合はインターネットで書類を送ることができる会社を選ぶと良いでしょう。

 

基本的に本審査の順番は決められておらず、キャッシングをする会社によってバラバラです。しかし仮審査のあとにこうした手続きが行われることは変わりありません。また、申込書に不備があった場合などは訂正が必要になることもあり、手続きに時間がかかってしまいます。申込書は間違いのないように気を付けましょう。

 

特に会社の電話番号が違っていると時間がかかってしまいますので、確実に自分の在籍がわかる電話番号を記入する必要があります。特に大きな会社では社内にいくつもの回線があり、代表回線や部署の回線など、さまざまです。

 

申込書に書く電話番号は代表番号ではなく、自分の部署の電話番号を書くのがもっともスムーズに手続きを進めることができます。

 

小さな会社で社内のだれもが自分のことを知っているようなところでは、それほど気にする必要はありません。また、在籍確認は自分が必ず出なくてはならないわけではなく、他の人が出たとしても、会社に所属していることがわかれば問題ありません。

 

担当者は何と名乗る?

一般的に銀行のキャッシングの場合は、銀行名を名乗ることが多くあります。これは銀行にはキャッシング以外にも、投資信託や普通預金、定期預金、外貨預金、住宅ローン、個人年金など、さまざまなサービスがあるため、電話がかかってきたからと言ってキャッシングであるとわかってしまう可能性が低いためです。

 

消費者金融のキャッシングの場合、ほとんどの会社で社名を名乗ることはなく、担当者名で名乗ります。これは消費者金融=キャッシングという連想ができるため、消費者金融からの電話があればキャッシングをするとばれてしまうためです。金融機関には申込者の個人情報を守る義務がありますので、不用意に他の人に契約内容がわかってしまうような連絡の取り方は行わないのです。

 

しかし在籍確認を取る前に、申込者にはそのことを連絡してきます。キャッシング先が銀行だった場合でも、個人名でかけてほしいと伝えておけば銀行名を名乗らないところもあります。消費者金融の場合は特にそうした要望を伝えなくても個人名でかけてくるので心配はいりません。ただし嘘をお願いすることはできません。

 

例えば別の銀行名を名乗って欲しい、友人だと言って欲しい、病院からだと言って欲しいなど、こうした嘘の電話をかけて契約を進めることは、法律違反になってしまうためです。

 

ただし銀行や消費者金融が所属しているグループの、グループ元の企業を名乗ってほしいという要望に関しては、金融機関によっては応じてくれるところもあります。

 

しかしこうしたケースは稀ですので、担当者はただ名前だけを名乗るか、銀行名を名乗るかの2択になります。

 

最近ではこうした名前だけの電話の取次ぎには応じない会社もありますので、自分の会社がどのような電話応対をしているのかにも注意しておかなくてはなりません。消費者金融の名前を名乗られたくない場合は、消費者金融には書類などを送るための会社がありますので、そちらの会社名を名乗ってもらうというのも手段の一つです。

 

何を聞かれるの?

コールセンターは在籍確認のプロです。そのため、電話に出た人が社内の別の人だった場合、本人だった場合、本人がいなくて別の人が出た場合など、さまざまなケースに対応することができるよう、準備をしてから電話をかけてきています。

 

例えば本人が出た場合、特に何か聞かれることもなく、在籍確認が取れましたので、それで確認作業は終了します。他の人が出た場合は取次ぎをしてもらうように頼みます。ここで本人がいない場合は、「本日はお休みです」、「ただいま外出中です」、「後ほど折り返しさせます」などのような案内をするのが一般的です。

 

こうした文言から本人がその会社に在籍していることがわかりますので、「また掛けなおします」などのように言って確認が終了します。また掛けなおすと言った場合でも、また掛けてくるようなことはありません。

 

ただし電話対応者の返答が「今はいません」のような言葉では在籍確認が不十分となります。なぜいないのか、いつならいるのかなど聞くこともあります。

 

不在のケースでは、なぜいなくて、いつならいるのか聞くこともあります。その内容から、休職中ではないことがわかるためです。

 

ただし大手企業の場合は注意が必要です。申込書に書いた番号が代表番号で、自分の部署のものではなかったりすると確認作業に手間がかかります。本人まで電話を取り次いでもらうことができればよいのですが、特に不在のときは「わかりません」という結果になることもあります。

 

こうした面倒なことにならないためにも、在籍確認は自分が会社にいるときに行ってもらうようにすると良いでしょう。最近のキャッシングでは審査が早いので、申し込みをしたその日のうちに本審査まで行くことは珍しくありません。会社に行く前に申し込みをすれば、確実に自分が社内にいる時間帯に電話をかけてきてもらうことができます。

 

土日や祝日の場合は後日在籍確認となってしまいますので、申し込みをする日にちには注意しておきましょう。

 

それでも不安は尽きない!

それでも在籍確認の不安があるという人はいます。特にキャッシングをすることを周りに知られたくないと思っている人は、少しでも社内の人に不審に思われることも嫌だと感じるでしょう。電話対応は人それぞれです。無事に取りついてくれれば良いのですが、用件を言うまで取次ぎをしない人も、少なからず存在しています。

 

個人情報の取り扱いが叫ばれる昨今、それはあながち間違った対応ではないのかもしれません。しかしキャッシングをしたくて在籍確認をしている場合は、その過剰な個人情報の保護が障害となってしまうこともあるのです。

 

例えば、社名を名乗らなかったときです。通常会社同士の電話では社名を言って部署名を言い、個人名を言います。いきなり個人名だけで電話をかけてきても、どこの誰だかわかないから取り次げないということにもなりかねません。場合によってはどのような要件でかけてきたのか、執拗に尋ねる社員もいるかもしれません。

 

しかしそうした執拗な質問を受けたとしても、銀行や消費者金融の電話担当者は、必ずキャッシングの在籍確認であるということはばらしません。電話担当者は慣れていますので、こうした執拗な質問を受けたときにも対処法を知っており、華麗に電話を切る能力があります。

 

もしキャッシングであることなど、個人情報にかかわるような内容をばらしてしまったら、それは金融機関の信用にもつながります。簡単に個人情報を漏らしてしまうような金融機関は信用できません。契約内容を守るということは、顧客のことを考えているだけでなく、会社としての信用を守るためにも必要なのです。

 

こうしたしつこい質問をするような人はあまりいませんが、華麗に電話を切ったあとでもおそらく本人に電話があったことくらいは伝えてくることでしょう。そのような場合は、もし今度かかってきたら普通に取り次いでもらえるように頼んでおくのも良いかもしれません。ただし何の電話か聞いてくるデリカシーのない人もいるかもしれませんので、そこは注意しておきましょう。

 

可能性はゼロじゃない!同僚にバレてしまうケース

通常の在籍確認でキャッシングがばれてしまうようなことは稀ですが、それでも可能性はゼロではありません。

 

例えば電話を取り次いだ同僚がキャッシングをしていた人の場合、ある程度審査の流れなども把握していることがあります。もし慣れている人だったら、この電話は在籍確認かも、と思うこともあります。特に知らない人から個人名でかかってくると、そう思われてしまう可能性が高いでしょう。

 

また、履歴から掛けなおしをしたら消費者金融だったというケースもあります。通常は非通知でかけますが、非通知を受け取らない設定になっている会社もあります。

 

その場合は電話番号が表示されることになります。普通は履歴から掛けなおすようなことはあまりありませんが、間違えてたまたま在籍確認のあった番号を押してしまう可能性もゼロではありません。

 

また、職場で他人から電話がかかってくるようなことが全くない場合も注意です。特に飲食店、工場、特定のお客さんとしか商売をしていないような会社の場合は、電話がかかってくること自体がすでに在籍確認の可能性を感じさせます

 

もしそのような場合はキャッシングとは言わず、クレジットカードの在籍確認があるかもしれないと、あらかじめ同僚に話しておくのも手です。クレジットカードを持っている人は多くいますので、こうした確認は誰しも通る道なのです。

 

また、本当にキャッシングに慣れている人は、本人が出た場合の電話の内容から推測することもできます。通常電話に出て生年月日や住所を名乗ることはありません。もし電話で生年月日や住所を言っているところを聞かれてしまったら、キャッシングに慣れた勘のいい人は察する可能性があります。

 

消費者金融の場合は難しいですが、銀行から電話がある場合はあらかじめそのことを同僚に言っておくのも良いでしょう。変に推測されるよりも潔く銀行から電話があると言っておいたほうが、余計な憶測を生むことはなくなります。

 

ただし同僚にバレることを心配している人でも、現代の人は他人にそこまで興味がありません。無駄な心配に終わることがほとんどでしょう。

 

かけ直されたときの対策?

基本的に掛けなおされたときの対策はありません。

 

しかし消費者金融の中には掛けなおしたときに名乗る名称が、消費者金融の名前とは違っているところもあります。本当にばれたくない場合はそういう仕組みのある消費者金融を選ぶと良いかもしれません。銀行の場合は銀行名を名乗ります。

 

しかし銀行名を名乗られたからと言って、キャッシングだと思いつく人はあまりいないでしょう。また、中には発信専用ダイヤルでかけてくるため、掛けなおすことができないようになっているところもあります。また、掛けなおしたとしてもその後会話が弾むようなことはありませんので、心配はいりません。

 

在籍確認に対して極度に不安を抱いている人もいますが、クレジットカードやカードローンを持っている人は実はたくさんいます。多くの人が通ってきている道ですので、そこまで心配する必要はないでしょう。たいていの場合はスムーズに契約作業が進み、カードが発行されることになります。

 

在籍確認は金融機関側にとっても顧客からの信頼を左右するポイントの1つですので、非常に気を使って扱っています。もし在籍確認で他の人にキャッシングのことがばれたという口コミが広がれば、それだけでその会社の信用は落ちますし、そこの会社でお金を借りようとする人は減ってしまいます。

 

そのため各社コールセンターの質は非常に高く、電話対応のプロが申込者の個人情報をしっかりと守ってくれているのです。

 

在籍確認が嫌で偽装会社を利用する人もいますが、それは絶対にやめましょう。契約上そうした行為は詐欺に当たる可能性があり、犯罪となってしまうこともあります。

 

偽装会社を使う人の多くは水商売や自営業、所得の少ない人、無職など、社会的に信用力が低い人たちに多い印象があるかもしれませんが、もし詐欺として罪が成立してしまった場合、10年以下の懲役になる可能性もあります。どうしても契約をしたいという気持ちがあるのは仕方のないことですが、不正な方法で契約してはいけません。