三菱東京UFJ-VISAデビットカードの審査

三菱東京UFJ-VISAデビットカードの審査について

三菱東京UFJ銀行は、VISAと一体型になった三菱東京UFJ-VISAデビットカードを提供しています。

 

デビットカードとは、カードローンのように借り入れをするというものではなく、その銀行の口座残高内で限度額を設定し、VISAなどの加盟店でカードによるショッピングができるサービスです。

 

カードローンなどの場合には使いすぎてしまうという心配がありますが、デビットカードの場合には、現在口座にあるお金以上を使うことはできませんし、即時決済のため口座残高以上のお金を使ってしまう心配もありません。カードローンは借りすぎてしまうため心配だが、現金を持ち歩くのは面倒だという場合には三菱東京UFJ-VISAデビットカードはピッタリのカードと言えます。

 

審査の流れ

三菱東京UFJ-VISAデビットカードの審査についてですが、実は、カードローンのように契約時に実施される審査がありません。従って、勤務先に在籍確認の電話がかかってきたり、個人信用情報をチェックされることもありません。

 

カードローンなどの場合には、信用調査に基づいて与信額を決めるため審査がありますが、三菱東京UFJ-VISAデビットカードの場合には、口座にある残高内でしか利用できないため、銀行側としてもカードローンなどのようなリスクがないために、条件さえ合致すれば審査は行われずに誰でも作ることができます

 

三菱東京UFJ-VISAデビットカードの申込み条件は、15歳以上で三菱東京UFJ銀行に口座を持っている方となりますので、15歳以上で三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていれば誰でも簡単に作ることができます。

 

また、三菱東京UFJ銀行に口座を持っていない場合でも、普通預金口座を開設すればすぐに作ることができます。15歳以上の方が条件となりますので、通常の審査のあるVISAクレジットカードやカードローンが作れない学生や主婦などでも簡単に作ることができます。

 

申込は、三菱東京UFJ銀行のホームページから簡単に行え、口座番号から申込む場合と、三菱東京UFJダイレクトというインターネットバンキングから申込むことが可能です。いずれも3項目を入力するだけで簡単に申し込むことができます。

 

三菱東京UFJ-VISAデビットカードは、クレジットカードやカードローンではありませんが、VISAが利用できるお店ではクレジットカードと同じように利用することができますので大変便利なカードです。

 

全世界で使える三菱東京UFJ-VISA

三菱東京UFJ-VISAデビットカードは、全世界のVISA加盟店でショッピングなどに利用することができます。

 

利用方法は非常に簡単で、ショッピングの際にクレジットカードと同じように店員にカードを渡して、三菱東京UFJ-VISAカードで支払うと伝えましょう。支払い回数は1回のみで分割払いはできませんので、支払い回数を聞かれる場合には一括払いと答えましょう。その後、申込時に設定した暗証番号を入力するとショッピングは完了し、銀行口座から瞬時にお金が引き落とされます。

 

ショッピングが便利になる三菱東京UFJ-VISAデビットですが、海外旅行の際にも現地通貨に両替する必要が無くVISA加盟店で利用することができます。利用方法は国内同様で、三菱東京UFJ-VISAデビットカードを渡して暗証番号を入力するだけです。

 

ただし、ひとつだけ注意点があり、海外で決済する場合には、VISAが定める為替レートに海外事務手数料が3.0%だけ上乗せされたレートで円貨換算されますので若干高くなります。

 

少し面倒な話になりますが、決済時にはその時点での為替レートで支払いが行われ、後日銀行側に利用した店舗側から売り上げデータが送られてきた時に為替が変動していた場合には、その差額は引き落とし、または、入金で処理されます。

 

例えば、VISA加盟店の店舗で1ドル100円のレートで100ドルの購入をした場合、店舗から売り上げデータが送られてきた時点で為替が1ドル110円に変動していた場合には1000円が上乗せされて引き落とされることになります。また、レストランなどで利用する場合には、チップが上乗せられることになり、ショッピング代金変更になることも多くあります。

 

年会費が必要

三菱東京UFJ-VISAデビットカードでは、カードを利用するために年会費が必要となります。三菱東京UFJ-VISAデビットカードの年会費は初年度は無料となりますが、2年目以降には毎年税込み1080円が必要となり、年会費請求月の25日、ただし休業日の場合には翌営業日に決済口座から自動引き落としで支払われます。

 

ただし、三菱東京UFJ-VISAデビットカードの年会費は、一定条件の下で優遇されることになり無料となります

 

優遇条件とは、年会費の請求付きから翌年の請求月の前月までの利用金額が合計で10万円を超えている場合、あるいは、会員の年齢が23歳以下の場合、となります。

 

三菱東京UFJ-VISAデビットカードをメインとして利用する場合には、1年で10万円以上利用することはそれほど厳しい条件とは言えませんので、普通にメインで利用する場合には無料で利用できる可能性は高くなります。また、年齢が23歳以下の場合には無条件で年会費が無料となりますので、学生の場合にはほぼ無料でもてるということになります。

 

従って、他のクレジットカードなどをメイン利用していて、年間で10万円利用しない場合には年会費がかかることになります。1080円とは言え、利用する機会が少なく、もったいないと感じる場合は、年会費の請求月が来る前に解約する必要があります。

 

また、三菱東京UFJ-VISAデビットカードを紛失したり、磁気の故障などで再発行したい場合には、キャッシュカードか通帳、銀行届出印、本人確認書類を持参して三菱東京UFJ銀行の窓口にいけば再発行の申請ができます。ただし、三菱東京UFJ-VISAデビットカードの再発行には事務手数料が1080円かかります

 

その他のサービス

三菱東京UFJ-VISAデビットカードには、その他にも多くのサービスがあります。

 

まず、自動キャッシュバックサービスがあり、毎月わずかですが、利用金額に応じて自動でキャッシュバックがあります。基本のキャッシュバック率は0.2%で、前年度の利用が20万円以上の場合には翌年から+0.05%、同様に30万円以上の場合にはさらに+0.05%、誕生月には+0.1%と最大で0.4%のキャッシュバックを受けることができます。

 

この条件をすべて満たしている場合に、月10万円の利用で400円のキャッシュバックということになります。

 

また、ショッピングをすると三菱東京UFJダイレクトにお知らせメールが届きますので、不正利用された場合にはすぐに気づくことができますが、さらに、その不正利用についても補償が付いていますので支払う必要がありません。

 

三菱東京UFJ-VISAデビットカードには、VISAクレジットカードと同じようにショッピング保険や不正利用補償が付いています。三菱東京UFJ-VISAデビットカードの場合には、連絡を受けた日から60日まで遡って、その日以降に発生した不正利用について年間100万円を限度に補償してくれます。

 

また、デビットカードを利用して購入した商品が破損や盗難に遭った場合には、年間100万円を限度に購入日から60日間補償してもらえます。ただし、自己負担額が1事故当たり5000円必要です。

 

さらに、三菱東京UFJ-VISAデビットカードでも、VISAが提供する様々な優待サービスを受けることができます。

 

世界各地のショッピングセンターでも活用できますので、海外旅行の場合などには是非チェックしておきたいところです。