バイク購入を低金利で利用するなら!

バイク購入を低金利で利用する!

バイクを手に入れるためには多額のお金が必要になります。もちろん、現金一括払いで買えれば良いのですが、すぐに必要とする場合や高額な場合にはローンを組んで手に入れるという方法があります。

 

しかし、バイク購入に使えるローン商品は多数あり、マイカーローンからカードローンまでさまざまですが、共通していることは審査を受ける必要があり、また借りたお金は金利を支払わなければなりません。

 

このためバイク購入でローンを組むのであれば低金利のローン商品の方が余分な利息を支払わずに済むメリットがあります。

 

バイク購入時に使えるローンの金利

バイク購入時に使えるローンの種類としては、銀行など金融機関が行うマイカーローン、バイクメーカーや直営店の商品購入の分割払いによるローン、販売店などお店が行う商品購入の分割払いによるローンのほか、銀行や消費者金融が提供しているフリーローンやカードローンです。

 

いずれの場合も審査を受けて定められた金額を回数を分けて返済していくというものですが、この際にポイントとなるのが金利です。低金利であればそれだけ利息を支払う必要がないメリットがあり、バイク購入に掛かる費用を低く抑えることができます。

 

一方で高金利の場合には返済期間が長ければ長いほど多くの利息を支払うことになり、場合によっては本体価格と同等の利息を支払うことになります。

 

低金利という面で見れば銀行など金融機関が行っているマイカーローンです。

 

マイカーローンといっても、提供する金融機関で変わってきますが、おおむね年利1%前後から5%前後までが一般的な利率となっています。これは目的ローンですので、自由度の高いカードローンと比べると低金利になります。

 

ついでバイク購入で低金利なのがバイクメーカーや直営店が行うものです。これはバイクメーカーと関連のある信販会社が行っているので、金利も3%前後と低金利です。販売店が行う場合には、やや高く10%前後になります。

 

バイク購入をするお店の分割払いローンを利用するメリットとしては、手続きが容易であるということで、マイカーローンでは金融機関を何度か訪れて交渉する必要がありますが、こちらはお店が大半の手続きを行ってくれます。

 

一方で、カードローンという選択肢はケースバイケースです。銀行のカードローンの場合には上限金利が15%前後で、消費者金融などは18%が一般的です。

 

この金利水準はかなりの高金利ですが、一方で下限金利は、いずれも5%以下のところが多く、仮に5%の低金利が利用出来る状態であれば、マイカーローンや販売店の分割払いローンと同等レベルの金利で購入のための資金を調達することができます。

 

特にカードローンでは、限度額内であればいつでも借り入れが可能ですので、余計な手続きも不要ですぐに借り入れができるので、バイク購入ですぐに手に入れたいといった場合には、もっともはやく手続きを済ませられるメリットがあります。

 

マイカーローンの審査

仮にカードローンで限度額一杯まで利用できるような人であれば、下限金利での借り入れが可能ですので余計な手続きをしなくても低金利でお金を借りることができます。このため単純にバイク購入のための資金を得たい場合にはカードローンがもっとも手軽な方法といえますが、現実としてはこのような人は限られています。

 

そのため多くの人が利用しているのが金融機関などが提供しているマイカーローンです。マイカーローンは金融機関によって内容が変わってきますが、目的ローンですので低金利であるのが特徴です。ただ注意すべき点としてはバイク購入に使えないマイカーローンもあるので、ローン商品の内容をしっかりと吟味する必要があります。

 

マイカーローンのメリットとしては、本体以外の付属品も融資の対象となることです。このためヘルメットやライダースーツなどの購入にもマイカーローンを利用することができます。一方でマイカーローンは低金利であり、また金融機関が行っているので審査が厳しい傾向にあります。

 

審査そのものは、通常のローンと変わりありませんが、流れとしては金融機関にマイカーローンの申し込みを行い、金融機関は書き込まれた個人情報のほか収入情報や信用情報から照らし合わせて、融資可能な金額を提示してくれます。この金額内でバイク購入の手続きを行い金額が確定したら融資金額を確定します。なお、バイク購入は現金融資か直接販売店に振り込むかの方法があり、トラブルを避けるためにも振り込みによる融資が一般的です。

 

あとは定められた返済金額を定められた期日に行うことになります。この際に返済回数が長ければ長いほど低金利とはいっても多くの利息を支払うことになります。このため、出来る限り早めに返済できるよう心がけるのが無難です。

 

マイカーローンはあくまでも車関係の購入に使えるローン商品ですので、返済回数の縛りなどはなく追加で返済することができるので、ボーナスや賞与などが出た場合には、ローン返済に充てた方が将来の金利負担が小さくて済むメリットがあります。

 

ただローンですので、目的ローンとはいっても審査に落ちる可能性はあります。特に収入に対して見合わない借り入れは難しいもので、特に趣味性の強いバイクはその傾向が顕著です。また過去に借り入れを行って滞納などのトラブルを起こしている場合には金融機関のマイカーローンはほぼ利用することが困難です。

 

ネットオークションでバイクを買う場合

 

バイク購入といえば直営店や販売店などを利用して購入することになりますが、昔から個人売買も盛んで、特にネットオークションが普及した現在ではオークションで購入する人も多くいます。特に個人売買では余計な手数料もかからないメリットから安くバイク購入をすることが可能です。

 

ネットオークションでは現金取引が基本となっていますが、一方で近年はネットオークションや個人売買でもローンを利用することが可能です。以前はネットオークションでローンといえば、カードローンやフリーローンなどを利用して購入に必要な現金を借りて行うものが唯一の方法でしたが、今はオークションサイトと提携してローンの支払いが可能なところもあります。

 

この場合にはマイカーローンやカードローンとは異なって、クレジットカードの分割払いに近くローンサービスは信販会社が行っています。

 

このため注意すべき点として利率が高いことがあります。一般的に分割払いでは金利ではなく手数料という形になりますが、この際の実質年率が12%程度になるためです。このためマイカーローンよりも不利で、またカードローンやフリーローンをより場合によっては高くなるケースがあります。

 

ただネットオークションのローンのメリットとしては、販売店が行っている分割払いと同等ですし、面倒な手続きも必要ないので、簡単に商品の分割払いを利用することができます。なお、利用出来る金額はおおむね3万円以上からとなっており、それ以下では利用出来ません。

 

しかし、オークション対応のローンの中でも自動車の落札に関しては低く設定しているところもあります。一般的なオークションでは金額に応じて変化しますが、安くても6%から10%ですが、自動車の落札に関しては3%から8%と設定しているところもあります。なお、注意点としては自動車の落札で優遇されるのは自家用であり業務用や営業目的車は利用できないこともあります。

 

いずれの場合においても審査を受けなければいけないことに変わりはありませんが、マイカーローンと比べても審査基準は緩やかですので比較的、収入の少ない人でも利用が可能です。

 

また分割払いですので貸金業法に定める総量規制の対象外となっており、返済能力が十分にあると判断されれば年収の3分の1以上もするバイク購入にもネットオークションのローンは使うことができるメリットがあります。

 

未成年や学生のローン利用

原付き免許、小型限定普通二輪免許、普通二輪免許は16歳から取得可能で、大型自動二輪免許も18歳から取得可能です。このためバイクの免許がはじめて取った免許という人も多いと思いますが、未成年の間は収入も限られるため、バイク購入をするといっても現金で購入することになり新品でも安いもの、また中古で金銭的に選択肢が限られてきます。

 

大人であればバイク購入にローンという選択もありますが、未成年の場合にはこのローンを簡単に行うことはできません。これは未成年が、民法によって保護されているためです。

 

民法では未成年が契約したものは保護者の同意がなければ成立しないことになっており、同意なく結ばれた契約は一方的に破棄できるためです。このため携帯電話を契約するにしても保護者の同意が必要になりますが、これは未成年がすでに社会人として働いていて収入を得ていても例外ではなく、成人になるまでは何かと保護者の同意が必要になってきます。

 

一方でバイク購入で使えるローンの多くは、実は未成年にも対応しているものも多くあります。これは現実的にバイクは若い人が乗る傾向が強い乗り物ですので、未成年者に対するローン需要があるためです。ただこの場合には本人に安定的な収入があるとしても、やはり保護者の同意が必要になってきます。

 

また収入がない場合には、保護者が代わりに返済するといったものもあります。この場合には成人になるまでは保護者が代理で返済し、成人後は契約者が返済するという変則的なものもあり、このタイプの分割払いローンではバイク購入のほか免許を自動車学校で取得する際にも利用されています。

 

なお、未成年者や学生でも利用できるバイク購入に使えるローンは、マイカーローンや販売店などが行っている分割払いローンのみです。

 

カードローンでは利用を20歳以上と定めており、未成年者は例え収入があったとしても利用することができません。

 

なお、20歳以上で学生の場合では、アルバイトなどで収入を得ている場合にはその収入に応じて、融資を受けることができます。しかし、マイカーローンではある程度の信用力がなければ利用できないので、選択肢としては販売店が提供している分割払いローンになります。このため未成年者や学生の場合には、比較的高めの金利を支払うことになります。

 

ローンでバイクを買うならマイカーローンがおすすめ!

バイク購入をローンで行うのであれば、やはりマイカーローンがおすすめです。

 

ひとつは低金利であることです。また金融機関から借り入れることで、バイク本体以外にもオプションやヘルメットやライダースーツなどを購入することができます。

 

一方でカードローンなどでも利用限度額を最大にまで設定できる人で、低金利で借り入れが可能であればカードローンも選択肢のひとつです。しかし、これらのローンも利用できなければ意味がありませんので、場合によっては販売店の分割払いローンも選択肢に入ります。

 

分割払いローンは通常の時は金利が高めであまり魅力を感じませんが、キャンペーンなどで大幅に金利を引き下げることがあり、その際に契約を結べば、低い信用力でも低金利でバイク購入ができるメリットがあります。ただこの場合にはすぐにバイクがほしいといった時には利用できないのが難点といえます。

 

またすぐにでも必要といった場合には多少金利が高くてもカードローンという人もいます。ただ全額を金利の高いカードローンで行うのはハードルが高いので、するのであれば購入の不足分を補うのが一般的です。

 

現在の日本ではローンの選択肢が豊富で、特にバイク購入のローンは種類も多く用意されています。このため自身にマッチングしたものを選ぶ必要があります。

 

未成年者がバイクを購入するにしても、金融機関のマイカーローンを使う方が負担も軽くて済みます。この場合には親に代理で借りてもらうという方法をとるのがもっとも現実的な方法です。特に安定した収入がある親であれば低金利で利用することができるので金利の負担も小さくて済みます。

 

一方でオークションや個人売買では、マイカーローンが利用できませんし、オークションの分割払いサービスも高い手数料が設定されているなど何かと不利です。このため安いからといってローンを組むと余計な利息を支払うことになって、安さのメリットが失われます。このため無利息期間のあるカードローンを利用して少しでも金利の負担を減らしたり、追加返済を行ってはやく返済が完了するように工夫する必要があります。

 

いずれにしてもローンは計画的に行う必要があり、返済計画をしっかりと立てて行うことが大切です。バイク購入でも同じで高金利のものであれば早めの完済を目指し、低金利のものでも同様に早めにローン返済が出来るようにすることで余計な利息を支払わずに済みます。