車を担保にしてもお金を借りるのは危険!

車を担保にしてもお金を借りるのは危険なのか?

 

自分の乗っている車を担保にお金を貸してくれる車金融と言う業者があります。決して最近出来たものではなく、かなり以前から存在するので、怪しい金融業者ではなくそれなりに便利だと考えられていると思いきや、実はそうではありません。

 

正規の営業をしている業者もありますが、貸金業として届出をしていない、違法金利を請求する非合法な業者いわゆる闇金も多く存在します。そしてその区別が付きにくい怪しい業界だと言っても良いでしょう。悪徳業者で借りてしまうといわゆる闇金で借りることと変わりません。完済することも出来ないで高額の金利を取られ続けることになってしまいます。

 

乗ったまま融資と預かり融資の違い

車金融には大きく分けて、

  1. 乗ったまま融資
  2. 預かり融資

の二種類があります。

 

乗ったまま融資は契約して融資を受けた後も自分の車をそのまま利用できる融資です。それに対して預かり融資は車を引き渡す融資です。

 

ちょっと考えると乗ったまま融資の方がそのまま利用できるし、車を担保に融資を受けているとは誰にも知られませんからメリットがあるような気がしますが、大きな落とし穴があります。それは乗ったまま融資は融資してくれる金額は少ないのです。

 

良心的な業者であれば、預かり融資の場合には融資金額は普通に中古車として売ったときと同程度の査定をしてくれますが、乗ったまま融資の場合は中古車としての査定額に比べて融資金額が極端に少なくなっています。

 

具体的には預かり融資で50万円の融資が可能な車でも、乗ったまま融資では20万円くらいしか融資してくれないのです。

 

預かり融資ですと、車が使えなくなるので別の交通手段を用意する必要があり、余分に費用がかかります。結局は返済するのだからと融資額は少なくてもいい思うかもしれませんが、そうは中々上手くいかないように出来ています。預かり融資は他に車があり、車を預けてしまっても困らない人が利用する融資です。

 

預かり融資でも乗ったまま融資でも、名義は業者の物になります。自動車は名義が重要で手元に車があっても名義変更できないと転売できません。ですから預かり融資でも必ず名義変更しますし、逆に既に名義変更してしまっていれば乗ったままでも構わないわけです。

 

融資の金額が少ないと当然業者の利益である利子も少ないので、業者としてはできる限り多く融資したいはずです。しかし、そうすると貸し倒れのリスクが高まるので、そのバランスを取る事が重要になりますが、悪徳な業者では出来るだけ安く車を買い取ることを目的としているので融資金額を少なくする傾向にあります。

 

多く融資すると返済が難しくなるから少なめにした方が良いと言うかもしれませんが、本心は返済してもらうことではなく担保として預かった車を少しでも安く買い取ることですから、騙されないようにしてください。

 

そう考えると乗ったまま融資の方が利用者には不利と言う事になりますが、だからと言って預かり融資なら良いとも言えません。結局は手放すつもりならば直接中古車として売ってしまった方がいいかもしれません。

 

車金融の落とし穴

重要なことは車金融では融資の条件として車の名義を業者へ変更してしまうことです。つまり返済が滞ると車が取り上げられると言うのではなく、実は借りた時点で既に金融業者の物になっているのです。金融業者が正直に営業してくれれば問題がありませんが、最初から安く車を買う目的であればもう格安で手放したのと変わりません。

 

所有者を変更をするということはまだ支払いが完了していないローンの途中の車では融資が受けられないと言うことでもあります。銀行などでフリーローンを使って買った場合は所有権を設定していない場合もありますが、ディーラーで扱っているオートローンは支払いが完了するまでディーラーやローン会社の名義にしてあるので名義変更できません。

 

よって融資を受ける事が出来ないのです。ただし、ローンの完済の寸前であった場合などではローンの残金を清算することで、所有権を解除してもらい融資が出来ることもあります。

 

借りる方からすれば、担保を出しているのだから無担保のカードローンなどよりも有利な条件で借りられると思いますが、実際にはそんなことはありません。正規の業者でも上限金利はほとんど年利18%ですので、これは一般的な消費者金融のカードローンと同じです。

 

また正規の営業をしている場合には無担保の信用融資と比べて借りやすいとも言えない面もあります。ほとんどの業者ではカードローンでは必要ない金額でも収入証明書を必要としていますし、名義変更をするために印鑑証明書と実印も必要です。

 

また収入関係をチェックしているので、一般の信用融資と同じで職場に在籍確認の電話もあります。一部には在籍確認はしないとしている業者もありますが、カードローンなら収入証明書として源泉徴収表を出せば在籍確認を省略できるのが普通になっていることを考えれば、少しも手軽ではないと言うことです。

 

担保があっても収入が少なければ融資できる金額は少なくなります。これはきちんと信用情報を確認していると言うことでもあります。つまり信用情報が悪ければカードローンと同様に借入できないこともあるわけです。担保があるので大丈夫とは言えないわけです。

 

逆に担保があるから貸してくれると言うところは、正規の業者ではない可能性があります。そういう違法業者は非常に危険ですので絶対に利用しないでください。

 

車金融の手数料に要注意!

普通のカードローンでは金利手数料以外には手数料を請求しませんが、証書融資では手数料が必要になる事があります。車融資の場合も色々と手続きが複雑なので、様々な手数料を請求される事になります。

 

まず融資を受ける際に名義変更しますからその手続き手数料を請求されます。しかし名義変更と言っても所有者の変更だけなので、本当に書類上のことだけで、通常の名義変更のように車庫証明が必要になったりする事はありません。

 

簡単なはずなのですが、それでも手数料を請求されることになります。この手数料はいくらが妥当なのかは難しいところですが、車金融の業者では数万円請求するような業者が多くあります。

 

悪徳な業者では70000円請求されたと言う話もあります。これは明らかに高すぎます。自分で行うのであれば名義変更の手数料は500円にすぎませんし、その他に必要なものも用紙代30円くらいのものです。仮に行政書士に頼んだとしても簡単な手続きなので数千円以下でしょう。それを考えると非常に高額な請求です。

 

また乗ったまま融資の業者だとリース料を請求される事が多いようです。所有権は既に業者にあるのだから、業者の車を借りているのだと言う理屈です。しかし不動産を担保に借りたからと言って地代家賃を請求されるわけではないので、これは明らかにおかしな請求です。

 

預かり融資なら保管料を手数料として請求する場合もあります。質屋などでは保管料が必要になる事がありますが、これもやはり高額の請求をされるのでまったく割に合いません。

 

この様に借りるときには、はっきり知らされていない手数料を後々どんどん請求してくるのが悪徳業者のやり方です。そして法外な金利を請求するのが悪徳業者の一番の問題です。

 

融資してくれる金額は多くないので本来なら短期間で完済するべきですし、そうでなければいけないのですが、悪徳業者は高額の金利を請求しながら完済することを拒み、支払いを終わらせません。数十万円の借入しかないのに毎月6万円ずつ返済してまったく元金が減らないと言うような状態に持ち込みます。そして返済と言うよりも毎月脅し取られているような状態になるのが闇金といわれる違法金融のやり方です。

 

車金融にもそういう業者が少なからずいます。特に他では審査が通らなかったときでも簡単に貸してくれると言う業者は注意が必要です。

 

まとめ

車金融は自動車には所有権を設置できると言う仕組みを利用した融資の仕組みです。

 

これは本来ローンで自動車を購入する人などの為にある制度で、実際に車に乗って利用している人を使用者とする他に、法律上の所有者を所有者として設定できて、使用車と所有者を二重に出来る仕組みです。

 

使用者は事実上のオーナーですが、法律的には所有者の持ち物で、自動車の運行などにかかる責任はすべて使用者にあるようになります。つまりローンなどで購入するときなどに支払いが終了するまでは販売会社やローン会社の名義にしておくことで何時でも差し押さえができるし、支払い終了を待たないで転売されてしまうなどと言うことも防ぐ事が出来ます。

 

この仕組みを使って簡単に名義変更をしてしまうのが車融資です。

 

つまり融資を受けたときには既に車の所有権は車融資会社のものなのです。当然返済が終われば名義変更して元に戻してもらえるはずですが、悪徳な業者は最初から担保の自動車を安く買い上げることしか考えていませんので、中々完済させてくれません。

 

そうでなくても担保を差し出している融資なのに金利が高く、無担保の信用融資のカードローンなどと変わりません。つまり車融資はカードローンで借入できる金額以上に融資を受けることは難しく、しかも金利も安くない。少しでも返済が遅れればすぐに車を転売されてしまう。しかもそれで返済が完了するわけではなく、返済は続いてしまうのです。この様に考えると正規の優良な業者であるとしてもメリットはほとんどないと言えます。

 

メリットと言えるのは融資が速い事です。通常30分もあれば融資されますし、一応担保があるのでカードローンなどが通らない人でも借りる事が出来る事が多いことです。しかし多くの車金融の業者が悪徳業者であり、悪徳かどうか見分けが付かない状態ですので、利用しないことをすすめます。

 

普通の人にはメリットがないですし、そこまで追い詰められている状態では高金利の融資を受けても返済できない可能性の方が高いので、何か別の方法を考えるべきです。あるいは安易に借りる事が出来ると利用せず、普通のカードローンを申し込むようにしてください。

 

現在普通のカードローンは金利もかなり安くなっていて数十万円程度の借入なら決して破綻するようなことはないでしょう。