担保や保証人

カードローンの担保と保証人について

一般的なカードローンサービスは、無担保がほとんどで、この場合、個人の信用のみで、借り入れが可能となります。

 

特徴は条件が緩く、パートやアルバイトの方でも利用でき、審査も甘め、融資額は少額などです。 個人の信用があるからこそ、特別保証する物を提供する事なく、カードローンを利用できるのです。

 

担保とは、債務不履行となった時、債務の弁済として債権者に預けておく物です。

 

ですので、カードローンの返済が出来ない場合、預けていた物は債権者のものとなります。

 

一番わかり易いのは不動産です。 カードローンを利用するために自宅をカードローンサービスを提供する金融機関に預けるケースは珍しくありません。 一般的なカードローンの利用であれば、個人の信用で借り入れできますので、特別提供する必要はないのです。

 

テレビのCMで銀行やキャッシング会社のカードローンサービスの告知を目にすることがあります。ちょっとしたときに、利用したいけれども、保証人をお願いできる人もいないからと、勝手に無理だと決めつけてしまったりしていませんか。

 

カードローンサービスを利用する際は、保証人は必要ありません。

 

そのようなことをきくと、かえって怖くなってしまうこともあるでしょう。 それにはきちんとした理由があります。保証会社が、その代わりの役割を果たしてくれるのです。

 

保証会社は銀行などの金融機関から保証料を受け取ります。万が一、貸出が焦げ付くようなことがあった場合は、保証会社が金融機関に代わりに一度返済するのです。 ただし、気をつけなくてはいけないのは、決して借金がチャラになるというわけではありません。

 

借主は保証会社と相談し、代わりに返済してくれた分を返さなくてはなりません。 計画的に、便利にカードローンサービスを利用しましょう。