専業主婦が旦那にバレずに借り入れできるカードローン

専業主婦が旦那にバレずに借り入れできるカードローン

主婦には大きく2つのタイプがあります。

 

それが、

  1. 働いている主婦
  2. 働いていない

主婦です。

 

働いていないというと、気楽に思われるかもしれませんが、普段の生活の中では近所付き合い、子供がいるという場合には、子供関係の人付き合いなどでお金が必要となることも少なくはありません。

 

お金が足りなくなってしまった時に、すぐに配偶者に相談をするよりも、自身で解決しようと考える人も少なくはありません。専業主婦でもお金を借り入れること出来るところはあります。それが銀行のカードローンです。参照:銀行系カードローン

 

実際に銀行のカードローンからお金を借り入れている専業主婦は多くいるようです。

 

専業主婦がカードローンを借りれる方法は2パターン!

正社員として働いていなくても、パートやアルバイトとして収入を得ているという主婦は多くいます。

 

少なからず安定した収入を得ることが出来ている主婦の場合、銀行のカードローンだけではなく、消費者金融からもお金を借り入れることが出来ます

 

毎月の収入が少ないという場合でも、借り入れることが出来ることも少なくないようです。

 

一方、収入のない専業主婦がお金を借り入れるという場合には、一つのハードルがあります。それが、総量規制です。

 

総量規制は消費者金融などの貸金業者を対象とした貸金業法に定められているものであり、貸金業者はお金の借り入れの申込者の年収の3分の1までしかお金を貸してはいけないというものです。これは、1社ではなく、全ての業者からの借り入れ金額が年収の3分の1以下でなければなりません。

 

専業主婦の場合、収入がないわけですので、当然なことながら貸金業者から借り入れることは出来ません。

 

専業主婦がお金を借り入れるとなると、方法は2つです。

それが、配偶者貸付制度を利用することが出来る消費者金融のカードローンを利用するか総量規制の対象となっていない銀行のカードローンを利用するかです。

 

配偶者貸付制度はあまり馴染みが無いかもしれませんが、配偶者に安定した収入があれば、その配偶者の許可を得て、専業主婦でもお金を借り入れることが出来るという制度です。

 

一方の銀行のカードローンはその名の通り、各銀行が個人に対して貸付をしているという制度です。総量規制は消費者金融などの貸金業者を対象としているものですので、銀行のカードローンはそもそもが対象外となっており、専業主婦でも利用することが出来ます。

 

銀行のカードローンというと、以前は審査が厳しい、時間がかかるというマイナスポイントがありましたが、最近では即日融資に対応しているところも増えてきていますし、そうではないところでも審査にかかる時間は以前よりも短くなってきています。

 

また、インターネットを利用した申込に対応しているところが多くなっているため、家族や周辺の人にカードローンに申込をしたということがバレずに済むようになりました。

 

消費者金融と銀行のカードローンのどちらか一方を選ぶという時には、それぞれのメリット、デメリットをしっかりと把握することが重要と言えるでしょう。

 

配偶者貸付は申込時点で即バレる・・・

配偶者貸付制度を利用することが出来る消費者金融は大手ではほとんどありません。

 

その理由としては、大手消費者金融はそのようなことをしなくても、利用者が多くいるためです。大手消費者金融の特徴として、利便性が高い、サービス内容が良いという事があります。また、多くの人が利用しているために、安心して利用することが出来るということなどから、配偶者貸付制度を利用しなければならないような人を相手にする必要が無いのです。

 

では、配偶者貸付制度を利用することが出来る消費者金融とはどのようなところかというと、一般的ではない中小規模の消費者金融です。

 

中小規模の消費者金融を利用するのは、大手消費者金融からの融資を期待することが出来ないという人がほとんどです。中小規模の消費者金融も大手消費者金融から融資を受けることが出来ないという人をターゲットとしているため、配偶者貸付制度などを利用することが出来るようにし、利用者を増やそうとしています。

 

中小規模の消費者金融はあまり一般的ではないため、会社名を聞いたことがないという人もいます。中小規模の消費者金融の中には、正規の貸金業者であると見せかけた悪徳業者も存在しますので、申し込みをする時には十分に注意をするようにしましょう。

 

中小規模の消費者金融の中には、知名度は低くても、老舗の貸金業者もありますので、利用をする時にはそのような所を選ぶようにしましょう。

 

配偶者貸付制度を利用するためには、一般的にお金の借り入れの申込をする時に必要となる本人確認書類に加えて、婚姻関係を証明することが出来る住民票などの書類と配偶者の同意書を用意する必要があります。住民票については、市役所などで申し込みをすることで、簡単に手に入れることが出来ます。しかし、配偶者の同意書についてはどうでしょうか。配偶者に知られること無く、お金を借りたいという場合には、大きな障害となるでしょう。

 

なお、配偶者貸付制度については、必要な書類を用意する必要があったり、申込をしてからすぐにお金を借りることが出来ないなど、利便性が高いということは出来ません。配偶者貸付制度を利用することを検討するのであれば、その前に、まずは配偶者に対してお金のこと、借金のことを相談するということが、第一にするべきことであると言えるでしょう。

 

旦那にバレずに申し込みたいなら!

旦那さんにバレること無くお金を借りたい、申込をしたいというのであれば、手段は一つ、銀行のカードローンしかありません。銀行のカードローンは総量規制の対象外ですので、収入のない専業主婦でも利用することが出来ます。配偶者貸付制度とは異なり、配偶者の同意を得る必要もありませんので、バレるということもありません。

 

 

なお、銀行のカードローンを扱っているところでも、全ての銀行が専業主婦に対して融資を行っているわけではありませんので、申込については、事前に専業主婦でも利用することが出来るかどうかを確かめるようにしましょう。一度は名前を聞いたことがあるような銀行も専業主婦に対して貸し付けていますし、地方銀行でも同じようなところはたくさんあります。

 

実店舗のある銀行も多いですが、最近では実店舗を持たないネット銀行も徐々に注目されている存在でもあります。ネット銀行は店舗を持っていませんので、申込はインターネットから行うのが一般的です。

 

銀行のカードローンに申込をするという時には、条件を満たしている必要があります。その条件については、銀行によって多少の違いはありますが、多くの場合で、申込時の年齢が満20歳以上であるということ、配偶者に十分な収入があるということです。

 

旦那の収入については、年金収入であるという場合には、それが収入とみなされるかどうかは業者によって異なるため、事前に確認をしましょう。

 

なお、カードローンの審査を受ける時には、在籍確認が行われるということを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。これは、申込者が申込時に記載した職場に在籍しているかどうかを確認するための事であり、在籍確認が行われないとお金の貸付は行っていないということもあります。

 

専業主婦がカードローンを利用する際には、会社に属しているわけではありませんので、審査の際に在籍確認が行われるということもありません。これは、配偶者に対しても同様です。

 

ただし、注意しなければならないこととしては、収入のある人に比べて利用限度額が少ないということです。収入がある人の場合、実際の借り入れ額は別にして、最高利用限度額は100万円以上であることがほとんどですが、専業主婦に対しては、30万円から90万円を上限としているところがほとんどのようです。

 

断然おすすめ!主婦にはみずほ銀行!

専業主婦に対して貸付を行っている銀行は多数あります。その中から、一つを選ぶというのは、簡単なことではありません。しかし、もし、どこか一つを選ばなければならないという場合には、みずほ銀行をおすすめします。

 

その理由としては、金利は他の銀行に比べて低く設定されているためです。専業主婦は借りることが出来る金額が少ないため、借りる際にかかる金利は高く設定されていることがほとんどです。その為金利を確認するという時には、低い金利ではなく、最も高い金利で比較することが大切になります。

 

金利が高く設定されていればされているほど、利息の支払額も高額になります。些細な金額であるかのように思えますが、塵も積もれば山となるということわざがあるように、少しずつでも返済近眼が長くなれば、重い負担となってのしかかってきます。

 

返済期間を短くしたいという場合には、金利の低い所を選ぶようにしましょう。

 

銀行のカードローンを利用しているにも関わらず、家族から借金をしているということがバレる理由については、様々ありますが、多いのが銀行から送られてくる郵送物であると言われています。そのため、銀行のカードローンを利用する際には、お金を借り入れる時に必要となるキャッシングカードや郵送物の有無を確認するようにしましょう。

 

みずほ銀行カードローンの場合、キャッシュカードとキャッシングカードが同じものですので、ローン専用のカードは存在しません。みずほ銀行に口座を開設しているという場合であれば、財布にみずほ銀行のカードが入っていても、不審がられるということはないでしょう。ただし、契約書などの書類については、郵送で送られてくるのが一般的です。

 

他の銀行のカードローンの場合、無人契約機を利用して、カードを受け取ることが出来るというメリットのあるところもありますが、ローン専用のカードを持っていることを不思議に思われてしまう可能性もありますので、注意が必要でしょう。もし、専業主婦の場合、自宅にいる時間が長いことが多いため、それほど心配する必要はありませんが、家族に銀行からの郵送物の存在に気が付かれてしまったという場合には、何らかの方法で誤魔化すことは可能です。

 

銀行では様々なキャンペーンを実施しているところもありますので、それらのお知らせが送られてきたとでも言い訳をすることで、書類がカードローンに関するものであるとバレずに済むでしょう。

 

まとめ

専業主婦はお金を借りることが出来ないのではないか、専業主婦がお金を借りたら大変な事になるのでは無いか、お金を借りることは怖い事というイメージがあるという人もいるかもしれません。

 

しかし、しっかりとした知識を持ち、自身の返済能力に応じて利用することが出来れば、専業主婦がお金を借りるということに対して、罪悪感や恐怖心を感じる必要はありません

 

銀行カードローンを利用するという場合には、まずは、金利がどの程度であるのかを確認するとともに、自身が無理なく返済をすることが出来る金額を借りるようにしましょう。返済シミュレーションを利用することにより、毎月のおおよその返済額を知ることが出来ますので、カードローンの申し込みをする前に利用し、お金を借りる際の参考にしてみると良いでしょう。

 

カードローンに申込をすると、利用限度額が決められます。その金額までであれば、特別な手続きをしなくても、何度でもお金を借りることが出来ますが、必要以上に借りてしまうと返済が大変になってしまいます。

 

返済が遅れてしまうと、自宅に督促のハガキが送られてきたり、電話での督促がある場合もあります。そのような事があると、家族に借金をしていることがバレてしまう可能性があります。それを防ぐためにも、余裕を持った利用をするようにしましょう。

 

また、銀行カードローンの返済が出来なくなったという場合には、他の専業主婦を対象としたカードローンを利用するということは難しいでしょう。

 

そのような場合、専業主婦にも貸付を行っていると謳っているヤミ金業者からお金を借りてしまうと、トラブルの原因になる可能性がありますので、そのような時には、家族に相談をしたり、それが難しいようであれば弁護士などの法律の専門家に相談をするようにしましょう。

 

家族にバレないためには、返済を確実に行うということと、通帳管理を厳重に行うという事、郵送物の管理をしっかりと行うということでしょう。また、借り入れや返済などの状況については、インターネットを利用することで簡単に確認することが出来ますので、必要に応じて確認することをおすすめします。

 

カードローンについて、分からないことなどがあれば、その都度、確認をするという事がトラブルを未然に防ぐためには重要なことであると言えるでしょう。