消費者金融の総量規制とは

消費者金融でお金を借りる時の総量規制とは何なのか?

消費者金融で、年収が600万円の人が500万円のお金を借りることができません。

 

なぜなら、消費者金融では、利用者の年収によって貸付額の上限を定めるという、総量規制があるからです。

 

これは、賃金法の改正によって導入された制度で、具体的には年収の3分の1を超える貸付を原則として制限する、というものです。

 

例えば、年収が1200万円の人の場合は400万円、年収が300万円の人であれば、100万円までしか消費者金融からは借りることができないというわけです。ただし、住宅ローンや自動車のローンは規制の対象になりません。

 

したがって、冒頭の例の場合は、600万円の3分の1にあたる200万円を超える金額は借りることはできないということになります。

 

それでは、銀行などの金融機関もこの規制の対象なのかというと、答えはノーです。

 

総量規制は、貸金業法における規制です。賃金業法の対象となるのは、財務局もしくは都道府県に登録をし、お金をかす業務を行っている貸金業者です。これには、消費者金融やクレジットカード会社などがあてはまります。

 

その一方で、銀行や信用金庫、信用組合や労働金庫、農協などは、色々な融資を行ってはいるものの、この貸金業者ではありません。そのため、銀行などでお金を借りる場合は、貸金業法の対象外なので規制をうけないのです。

 

そのため、大手の消費者金融などでは銀行と資本提携を行うなどして、総量規制の対象外として融資が行えるように体制を整えているところもあります。