審査なくお金を借りることはできないの?

審査なしでお金を借りることはできるの?

カードローンやキャッシングの申し込みには審査があります。ただ、信用情報や他社からの借入で問題があって審査に通らないときにはどうしたら良いか悩むでしょう。

 

かといって、審査なくお金を借りるというのは非常に危険です

 

審査なしのローンは安全?

審査なしのローンというのは法律上あり得ません。あるとすれば違法な業者、つまり闇金です。

 

闇金融から借りるとどうなる?

闇金融が審査なしでも融資をするのは、

  1. 「返済できなくても利益が出るように法外な金利を設定している」
  2. 「強引かつ暴力的な方法で回収する」

ことができるからです。

 

闇金融と関わりを持つような人の返済能力では、借金を完全に返済するのは不可能です。返済期日に遅れたときには自宅や職場に遠慮なく取り立てに来ます。

 

闇金は私有地でも構わずに侵入したり、友人や家族に返済するよう迫ったりといった法律で禁止されている行為を平気でやってきます。高い金利で貸し付けるため、返済するどころか、ますます深みにはまっていきます。

 

いったん闇金を利用してしまうと、他の業者に個人情報が流れてしまいます。むしろ、個人情報の抜き取りが目的という業者もいます。こういった違法業者と関係を持たないように注意しましょう。

 

近年では数は減っているとはいえ、まだまだ巧妙に姿を隠して存在しており、多くの被害者がいます。

 

ソフトヤミ金も危険

闇金業者のなかには「ソフト闇金」と呼ばれる業者もいます。正規の業者ではなく、違法に高い金利で貸付を行っています。

 

「ソフト」というのは、「無茶な取り立てはしない」とか「審査なしで即日融資するから」ということを意味して名乗っていると言われていますが、利息制限法を遥かに超えた金利で貸付を行い、返済が滞れば異常な取り立てをしてきます。ソフトという名称を付けて利用者を安心させようとしているだけで、結局やることは一緒です。

 

借金の返済に困っているとき、人は理性的に考えることができなくなります。「どうしても明日には返済しなければならないが、どこからも借りることができない」と考えたとき、焦ってこういった業者に関わってしまいます。闇金業者は様々な手段を使って、こういった借金苦に悩まされている人に近づいて、貸付を行おうとしてきます。

 

いったん口座番号を教えてしまうと、そこに勝手にお金を送金して貸したことにして金利を取ろうとする「押し貸し」という卑劣なこともやってきます。絶対に関わってはいけません。

 

個人間融資もヤミ金

近年良く見られるものに、「個人間融資」というものがあります。この言葉で検索すると多くの掲示板がヒットし、そこには「困っている人にお金貸します」といった記載を見つけることができます。SNSでもこうした誘いをしているアカウントはたくさんあります。

 

個人同士でお金を貸し借りするというシステムを装っていますが、これも闇金業者の手口の一種と考えられます。

 

個人間のお金のやり取りのふりをするので、審査も必要ありませんし、在籍確認もありません。友人同士でお金を貸しているという体裁をつくろっています。お金を貸すと言っている人は、「困っている人を助けたい」とか「銀行に預けても利子がつかないから個人に貸したい」などと言っていることが多くあります。

 

個人間融資は、個人的なネット上のやり取りを装った闇金業者や詐欺業者の温床となっており、大変に危険です。個人情報を抜き取られて売られてしまうこともあります。「先に保証料だけ振込してほしい」などと言って、保証料だけをかすめ取るなどの詐欺が横行しています。

 

闇金は金融庁や警察庁の努力があり、表向きには数は減っています。その代わりに増えているのがソフト闇金や個人間融資のトラブルです。審査なしでお金を借りたいと思うあまり、違法な業者に手を出すのはあまりに危険です。その前にやれることは数多くあります。

 

ショッピング枠の現金化はどうか

ネットで良くある審査なしの借入手段として「クレジットカードのショッピング枠の現金化」があります。クレジットカードのショッピング枠を使って商品券などを購入して、それを売却して現金にするというやり方です。現金化業者もネットに数多く存在しています。

 

審査なしでお金を手にできるので、便利に思えますが、これも危険です。現金化を業務とすること自体は違法ではありませんが、現金化をカードの利用者が行うのはクレジットカードの規約違反です。

 

クレジットカードは規約違反が発覚すると強制解約になり、ショッピング枠の一括返済を求められます。

 

カードの強制解約は個人信用情報機関にネガティブ情報として登録され、以後5年間は借入ができなくなります。いわゆるブラックリスト入りの状態になります。

 

また、現金化業者が闇金業者とつながっている可能性が高いと言われており、次には闇金からしつこい勧誘が来るようになります。カードが強制解約になってしまったら、後は闇金しか借りる先がありません。さらに困難な状態に追い込まれることになります。

 

知り合いから借りるのは?

審査なしでお金を借りる手段としては、友人や知り合いに頼るという方法もあります。ただ、これは後からトラブルの原因になりかねません。それまでの人間関係に悪影響が及ぶ可能性があります。とはいっても、闇金に手を出すよりはまだ良いと言えます。

 

後のトラブルを防止するためにも、人間関係を良好に保つためにも、知り合いからお金を借りるときには借用書を書くようにしましょう。

 

法律の専門家の手を借りるまでもありません。借りる人と貸す人の名前、日付、いつまでに返済するのか、利子はどのくらいか、などを記載した書類に2人で署名して捺印しておけば充分に法的な効力があります。

 

借用書を書くことで、当人の本気度も相手に伝わります。ただし、返済しなければ信用は失われますし、借用書を証拠として民事裁判を起こされる危険もあります。

 

お金を借りる審査では何を見ているのか

なぜ審査が必要なのか

金融機関は、お金を借りたいという申し込みがあったときに審査を実施します。審査の目的は申込者に返済能力があるかどうかを調べることです。それに協力するため、たとえば申込者は勤務している会社名や住所、電話番号、収入などを申告します。

 

金融機関のほうでは、申告された通りの勤務実態があるかどうかを電話連絡によって確認することになっています。また、その人の他の業者での借入状況を個人信用情報機関に照会して確認します。

 

収入に照らし合わせて高額と判断される借入額があるときに、審査を否決します。総量規制という法律によって、「利用者の年収の3分の1以上の貸出はしてはならない」と定められています。

 

年収の3分の1以上の借入をしている人に対しては、「この人に貸付をしたら返済が不能になる」と判断して申し込みを断るのが審査の目的です。審査に通らないということは、金融機関からの警告でもあります。審査に通過できない状態で借りても、返済ができずに生活が苦しくなるばかりであると言われいてるのと同義です。

 

審査に通らないのであれば、お金を借りるのではなく収入を増やすか、節約生活をするか、または自己破産などの法的な措置を採って、これ以上の借金をしないようにしましょう。

 

収入と勤務

お金を借りるときに大切なのは、自分に安定した収入があって、将来的に借りたお金を返せると証明することです。どの業者・銀行でもカードローンの申し込み条件に「安定した収入があること」と記載されています。

 

給料は高いほうが良いですし、正社員や公務員といった雇用が安定しているほうが有利ですが、実際に審査に通るかどうかという判定では「安定していること」が最重要とされます。

 

アルバイトでもパートでも、安定して継続的に勤務しており、今後もその状態が維持できると期待されるときには審査には通過します。

 

利用限度額を考えなければ、収入そのものは年収200万円程度で充分で、100万円程度の年収の人でも審査には通過できます。それよりも勤続年数が長いほうが有利です。

 

長年同じ職場で働いている人は審査担当者からも信頼されます。安定した収入を継続して得られることが審査の第一の条件です。審査なしでお金を借りたいと考えている人には、こういった安定性のある収入を得ていない人が多くいます。

 

一般的には水商売の人は信用力が足りないと思われがちですが、勤務実態があってお店に在籍確認ができるのであれば、その部分で問題はないと言われています。

 

居住形態

審査で見られるポイントとして、居住形態があります。これも返済能力に関わるからです。

 

たとえば持ち家に住んでいる場合と、賃貸住宅に住んでいる場合とでは、家賃の面で返済に回せる額が違ってきます。このとき、持ち家は自分のものでなくても構いません。親の持ち家に住んでいるのであれば、家賃を支払う必要性はないので、その点で評価されます。

 

消費者金融業者や銀行が心配するのは貸し倒れですから、賃貸料を支払っていない人ほど高評価されます。住居では居住年数も重要視されます。短い期間内で転居を繰り返す人は、「夜逃げ」されるリスクを考慮されます。賃貸住宅でも長年住んでいるときには、家賃を支払える能力のあり、生活が安定している人として評価されます。

 

可処分所得

可処分所得も審査のうえでは重要です。これは実際の収入から税金や社会保険料などの支払い義務のある支出を差し引いた収入のことを指します。本人がどのくらいのお金を自分の勝手に使えるのかという額が可処分所得です。この額は当然、多いほうが審査では有利です。

 

独身の場合には自由に使えるお金は多いとみなされます。夫婦なら共働きのほうが可処分所得が多いと判断され、親と同居しているときには生活費が少なく済むのでこれも可処分所得が多いとされます。

 

親と同居、また配偶者や子供が同居しているときにも、可処分所得とは関係なく本人と連絡不能な事態に陥るリスクが少なくなるので有利です。

 

キャッシングの審査に通らないという人は、この可処分所得を上げる努力をしてみましょう。一人暮らしの人が実家に帰って親と同居したらキャッシングの審査に通るようになることがあります。

 

スコアリング審査の有利・不利の条件

キャッシングの審査では、担当者が申し込みのあった人の個人情報をコンピューターに入力してスコアをはじき出して審査をしています。パソコンやスマートフォンからの申し込みでは、そのまま取り込んで数値化します。これをスコアリング審査と呼び、多くの業者で取り入れられています。

 

スコアリングのシステムは、貸付額の回収ができた人やできなかった人のデータによって構成されています。今までの実績から申込者の属性を数値化します。

 

たとえば、独身の若者は独身の高齢者よりも回収率が良いため、スコアは有利に出ます。家族が所有している家に住んでいるとき、家賃やローンの支払いがないため、スコアは有利に出ます。

 

勤務先として、「帝国データバンク」に載っている会社に勤めていると有利です。勤務年数は長ければ長いほど回収リスクが小さくなります。どのような勤務形態であっても、勤続半年以内は不利です。

 

審査なしでお金を借りたい人向け・条件別の解決法

無職がお金を工面する方法

無職の人は、スコアリング審査の点でも総量規制の点でもまったく審査に通る見込みはありません。お金を借りる先は正規の業者では皆無と言っていいでしょう。

 

収入がない人がすぐにお金を借りることができるとすれば、知り合いからの借金くらいです。すぐにお金が必要というのであれば、日雇いのバイトで急場はしのげます。借入よりも稼ぐ方向で考えましょう

 

また、公的な補助金や給付金、貸付といったものを利用できる可能性もあります。働けないというのであれば、生活保護という手段もあります。

 

失業してお金がなくなってしまったというケースでは、失業手当が支給されますが、このときハローワークの公共職業訓練に通うことで失業手当の待機期間が免除されます。給付が早まることになるので、急場をしのぐことも可能です。

 

公的な訓練ですが、オフィスソフトの使い方やプログラミングなど実用的なものが多く、次の就職先へのスキルを磨くこともできます。この他にも地域によって様々な給付があるので、まずは近くのハローワークに行って相談してみましょう。そのときに自治体の公的融資を紹介してもらえることもあります。

 

信用情報に傷があるときの解決法

信用情報は消費者金融業者や銀行で共有される情報ですので、ここに傷があるときには審査では不利です。長期延滞や個人再生、強制解約などがあるときには、正規の業者であれば審査は否決されるでしょう。

 

しかし、なかには多少の傷があるのは承知のうえで貸してくれる業者もいます。闇金ではなく中小の消費者金融業者です。セントラルやキャネットなど、大手にはない独自の審査基準を設けている中小の業者は全国に多数あり、そこでは信用情報の取り扱いも大手とは違っています。

 

金融業界は大手の業者がほとんどの顧客を抱えており、中小業者としては大手にはないサービスを提供しないと生き残れない状況になっています。そのため、信用力に欠ける人にも貸付を行っています。多いのはブラックリストに入ってしまっているが、返済能力はあるケースです。

 

債務整理をすると5年間は新たな借入はできませんが、その5年目を迎える前で、すでに生活が再建されている状況のとき、大手ではなく中小の業者に相談してみましょう。借入できる可能性は高いです。

 

多重債務者が借りる方法

多重債務者の場合には、まずは借金の総額を減らすことを考えましょう。「返済するために借りる」という状態になっているとき、すでに多重債務状態になっています。

 

たとえば収入を増やす努力をしてみることです。サラリーマンであれば土日の休みに他の仕事をしてみるのも良いでしょう。また、生活のレベルを下げて返済にお金を回すことも有効です。いったん知人から借りて返済して落ち着くという方法もあります。

 

もし可能であれば、おまとめローンの活用も考えてみましょう。銀行系のローン商品として有名なものがありますが、消費者金融業者での取り扱いがあります。

 

銀行系のローンは審査が厳しいですし時間もかかりますが、消費者金融業者のおまとめローンなら審査は柔軟でスピーディです。

 

複数の業者から借入しているときには、1ヶ月に何回も返済日がやってきますが、おまとめローンで一本化すると返済日は月に1回だけになります。生活も楽になって精神的な余裕も出てきますので、そこからゆっくりと将来のことを考えてもいいでしょう。

 

審査なしではないが緩い・甘い業者とは 

審査がないというわけではありませんが、審査が緩いところは中小業者に数多くあります。いわゆる「街金」を呼ばれる業者です。

 

正規の業者ですので貸金業法を遵守して貸付を行っています。独自の審査基準を持っており、通常の審査では通過できない人にも貸付を実行します。

 

セントラル

 

中小の消費者金融業者として人気が高いのが「セントラル」です。元来は四国を営業エリアとする街金ですが、現在は東京都内に4つ、神奈川県に1つの店舗を展開し、即日融資も可能になっています。

 

ブラックリスト入りする寸前の人や総量規制に抵触しそうな人にも融資をする業者です。しかも、電話などの応対も良いと評価されており、街金としておすすめできる業者です。

 

セントラルの基本情報
金利 4.8%〜18.0%
限度額 1万円〜300万円
審査の速さ 最短即日
融資まで 最短即日
その他
  • セブン銀行のATMが利用可能
  • 東京都、神奈川県、埼玉県、四国四県に店舗あり
  • 来店なしで即日融資も可能

 

街金としては珍しく、セブン銀行と提携しており、全国のセブンイレブンのATMで借入が可能です。セブン銀行はイトーヨーカドーにもATMを設置しています。

 

ライフティ

 

対応が丁寧な業者としてライフティもおすすめできる街金です。セブン銀行が使えることや、電話応対が丁寧という特徴があります。

 

ライフティの基本情報
金利 8.0%〜20.0%
限度額 1,000円〜500万円
審査の速さ 最短即日
融資まで 最短即日
その他 セブン銀行ATM利用可能

 

融資は一応、最短で即日となっていますが、あまり早くないという情報があります。特に信用情報に問題がある人の審査は長引く傾向があります。

 

ネットに寄せられた情報によると「ブラックリスト入りでも審査に通過できたが、借入できるようになるのに1週間もかかった」というのがあります。ある程度時間に余裕を見て申し込んだほうが良いでしょう。

 

またブラックリスト入りしている状態のときには限度額が低めに設定されることが多いと言われています。

 

キャネット

キャネットは、ブラックOKの正規業者として良く知られています。グループ企業として北海道・関西・九州・東北に分かれていて、それぞれに独自に審査をしています。

 

グループ4社のうち評価が高いのは北海道キャネットです。審査が柔軟でスピーディです。北海道キャネットは関西と九州、東北以外であればネットから申し込み可能です。

 

関東や東海地方に住んでいる人は北海道キャネットを使うと良いでしょう。

 

キャネットの基本情報
金利 15.0%〜20.0%
限度額 5万円〜50万円
審査の速さ 最短15分〜30分
融資まで 最来店の場合は最短即日・来店なしは1週間
その他 配偶者貸付に対応

 

一部の情報によると、キャネットでは電話連絡による在籍確認なしでも契約できます。配偶者貸付にも対応しており、サービス性は高いと言えるでしょう。

 

すでに複数の業者の審査に落ちた状態でも、キャネットは申込ブラックを気にしないという情報もあります。検討する価値はあるでしょう。

 

AZ

キャネットと並んで評価が高いのが「AZ」です。ブラック入りでも審査に通過できたという情報がネットで盛んに取り上げられ、「神金融」などと呼ばれたこともあります。

 

京都府の営業許可を取得していて、貸金業協会にも加入している立派な正規業者ですが、一般的な消費者金融業者の審査では通過できない人でも多数の通過事例があります。

 

闇金に行く一歩手前で踏みとどまっているような債務者にとってはありがたい存在です。

 

  • 「自己破産の免責が下りて間もないのに、審査に通った」
  • 「ブラックなのに貸してくれた」
  • 「勤続1ヶ月未満なのに契約できた」

といった報告が多数寄せられています

 

AZの基本情報
金利 7.0%〜20.0%
限度額 1万円〜1,000万円
審査の速さ 最短30分
融資まで 最短即日
その他 配偶者貸付制度あり

 

ブラックリスト入り・債務整理直後など、非常に属性の良くない人でも審査に通過できており、債務整理に行く前の最後の砦とも言われています。逆に言うと、AZでもキャネットでも借入できなければ正規業者からの借入は困難と判断していいでしょう。

 

郵送物なしのネット契約も可能です。家族にばれないように借入したいときに便利に使うことができま

 

エイワ

街金のなかでも「必ず来店すること」が申込条件になっていることで知られているのがエイワです。

 

属性が非常に悪いが、闇金に手を出すくらいなら、足を運んでみようという人の多くが審査に通過しています。本契約では店舗に必ず行かなくてはなりません。

 

店舗は北海道から関東、北陸、東海、関西など幅広い地域にあります。かなりひどい状況にある人にも貸します。「申し込みのときに、どうしてこうなったんだと説教された」という報告が絶えません。闇金から借りるよりはマシと考えましょう。

 

エイワの基本情報
金利 17.9507%〜19.9436%
限度額 1万円〜50万円
審査の速さ 最短30分
融資まで 最短1時間

 

来店が必須であることと、属性が悪い人は融資額が少額になる傾向があるので注意しましょう。審査の柔軟さには定評があります。

 

まとめ

審査なくお金を借りるのは、正規の業者ではまず無理と言っていいでしょう。個々の事情にもよりますが、お金を借りる手段は業者でなくてもあります。

 

また、中小の業者は審査なしではないですが、甘い・緩いところもあります。闇金に手を出す前に良く考えましょう。