お金を借りたいのに審査が通らない時の対処方法教えます

お金を借りたいのに審査が通らない時の対処方法

お金が足りなくなって、消費者金融業者や銀行のカードローンに申し込んでも審査が通らないことは良くあることです。金融機関ではなぜ審査落ちしたのか理由は教えてもらえません。

 

どのような要因で審査が通らないのか、その対処方法も考えていきましょう。

 

お金を借りたいのに審査が通らない理由と対処方法

借入がすでに多い

消費者金融業者にしても銀行にしても、申込者の借入が多いときには審査を否決します。金融機関は申込者の借入状況を信用情報機関に照会して調べることが可能ですので、他社借入が多い人はすぐに発覚します。

 

覚えておきたいのは貸金業法の総量規制です。これは借りすぎや貸しすぎを防ぐための法律で、消費者金融業者は申込者の年収の3分の1以上の貸出をしてはならないとされています。

 

銀行は銀行法が適用されるので、この規制の対象外ですが、近年は金融庁からの指導もあって自主規制を敷いており、それもやはり年収の3分の1以上の貸出はしない方向性になっています。一部の地方銀行では年収の2分の1まで借りられることもあります。

 

また、借入額だけでなく借入件数も重視されます。いくつの業者・銀行から借りているのかという件数は、審査に大きな影響があります。

 

借入件数と審査

借入件数 審査への影響
1件 まったく影響なし
2件 返済状況によるが基本的に問題なし
3件 注意が必要
4件 個人属性次第だが審査通過は困難
5件 新規の借入はほとんど不可能

 

基本的には、4件目の申し込みは審査が厳しい結果が出やすいということです。借入の総額が変わらなくても、件数が少ないほうが審査では有利です。複数を1社にまとめられる借入があれば、まとめておきましょう。

 

個人信用情報に傷がある

個人信用情報に関してネガティブな情報が記載されているときには、キャッシングの審査は通りません。いわゆる「ブラックリスト」に載っているという状態です。

 

ブラックリストというのは、そういった名称のリストがあるのではなく、金融に関する事故情報が信用情報機関に登録されている状態を指します。

 

ブラックリストは一生涯残るわけではなく、一定の期間が過ぎると抹消されます。この状態であるときには、ブラックリストからはずれるまで待つか、中小の金融機関に申し込みしましょう。

 

ブラックリストに記載される原因と掲載期間

原因 掲載期間
2〜3ヶ月以上の延滞 契約終了から5年
債務整理 5年
強制解除 5年

おおよそ5年は待たなければならないと覚えておきましょう。

 

ブラックリストではないが審査に通過しにくくなる原因とその期間
原因 期間
短期間で複数の申し込み 最後の申し込みから6ヶ月
解消済みの3ヶ月未満の延滞 2年間

 

短期間で複数のローンの申し込みをすると、それだけでブラック扱いとなって6ヶ月の間は審査に通りにくくなります。目安は1ヶ月に3件と言われています。

 

「延滞」で注意したいのは、携帯電話やスマートフォンの利用代金の未払いです。こういった電話料金には端末代が含まれることがほとんどで、その支払いが遅れたときに「借入金の遅延」とみなされます。

 

安定した収入がない

消費者金融業者や銀行のローンの審査で最も重視されるのは、申込者に「安定した収入」があるかどうかです。

 

ここで言う「安定」というのは、継続的に給与などの支払いを受けていることを意味します。

 

年収は高いほうが良いですが、それよりも継続性のほうが大切です。そのため、収入が安定している正社員や公務員は審査に通過しやすくなります。逆に、自営業者や個人事業主の人は審査で若干不利です。同一業務を長期にわたって継続しているのであれば問題はありません。

 

審査に通りにくい人の代表は投資で生計を立てている人です。また、ギャンブルで生活しているという人も審査には通過しにくいと言えます。毎月の収入が確約されていないために、安定した収入とはみなされません。

 

また、正社員であれば誰でも審査に通過するかというとそうでもなく、ある程度以上の勤続年数が必要になります。勤続年数が短すぎると審査では不利となります。

 

入社して間もないという場合には、半年程度は待ったほうが良いでしょう。特に転職したときには注意が必要です。アルバイトやパートでもローンの審査には通過できますが、このときも継続性は重視されます。

 

希望限度額が必要以上に多い

審査に通らない原因として良くあるのが、希望する限度額が多すぎるという点が挙げられます。総量規制で年収の3分の1までしか金融機関は貸出できないので、たとえば年収300万円の人が200万円の限度額を希望したときには、それだけ審査落ちする可能性があります。

 

初回の契約のときには、まず控えめな限度額で審査に通してもらい、その後の利用実績から増額していくというのが賢い方法でしょう。消費者金融業者では、初めて消費者金融を利用する人には限度額を抑えめに設定します。

 

年収300万円があるという人に対しても、たとえば限度額30万円で設定します。その後の利用状況から増額をするかどうかを判断します。まずは借入して返済するという流れを作っていきましょう。いずれ増額の打診が業者から来ます。

 

今までまったくローンを利用していない

今までまったくローンを利用したことがないという人も審査に落ちることがあります。クレジットカードもなく、分割払いで物品購入したこともなく、消費者金融業者を利用したこともないという場合です。

 

こういう人は、個人信用情報機関にまったく何の情報も残りません。何も記載がないことから「スーパーホワイト」と業界で呼ばれています。

 

ブラックリストに入っていた人は、その情報が抹消された後は過去の信用情報がまったくない状態になります。自己破産では10年間、どこからも借入はできません。

 

10年にわたって金融機関をまったく利用したことのない大人がいたら、まずは自己破産者ではないかと疑います。同様のことがスーパーホワイトの人にも発生します。そのため、スーパーホワイトの人は金融機関の審査で落とされることがあります。

 

今までまったくローンなどの利用がない人は、「ブラック明け」と勘違いされることがあるということです。もし、今までにまったく何の実績もないという人は、まず何かクレジットカードなどを自分名義で作って利用しておきましょう。

 

審査落ちの理由の調べ方

消費者金融業者であれ銀行であれ、申込者の審査を否決したときに原因を教えてもらうことはできません。審査を実施する会社は審査内容に関して第三者に提供してはならないと法律で定められています。審査の基準も秘匿性の高い情報で、外に漏れてくることはほとんどありません。

 

ただ、個人信用情報機関に登録されている自分の情報は開示請求をすることが可能です。カードローンの審査に不安がある場合や、審査で否決された理由が知りたい場合に利用できます。

 

信用情報機関は

  1. 「JICC(日本信用情報機構)」
  2. 「CIC(指定信用情報機関)」
  3. 「KSC(全国個人信用情報センター)」

の3つがあります。

 

これらに対して本人確認書類を提示して手数料を支払うと、自分の情報を書面で知らせてくれます。

 

お金を借りたいなら中小の消費者金融業者へ

中小の消費者金融業者の特徴

カードローンの審査になかなか通らないという場合には様々な要因が考えられますが、どうしてもお金を借りたいというときには中小の消費者金融業者をあたってみましょう。

 

中小の業者は大手のようにテレビのCMや電車の車内広告などを出すようなこともしていませんし、自動契約機の設置もありません。融資でカード発行がないこともあります。

 

消費者金融業界は、プロミスやアコムといった大手の寡占状態にあり、中小としても生き残りのために、審査の難易度を下げて大手で断られた人を顧客としています。いわゆる「街金」と呼ばれる業者で、多くの場合で1つの都道府県を営業エリアとしています。近年はインターネットの発達によってネットで全国から申し込みを受け付けています。

 

街金といっても闇金融業者ではありません。金融庁から認可を受けた正規の業者です。

 

おおよそ以下のような共通した特徴があります。

 

  • 審査のスピードが大手に劣る。
  • 融資までの時間が長い。
  • 法定金利の上限で貸し付ける。
  • 申し込みはネットで可能。来店や郵送しかないところもある。
  • 来店して担当者と直接対面して審査することがある。
  • 少額融資が多い。

 

契約当初は限度額10万円程度の少額の融資となりますが、その後順調に返済を実行して信用を蓄積すれば増額できます

 

街金のややこしいところは、闇金融と見分けがつきにくい点です。街金は正規の業者ですので、登録番号を持っています。公式ホームページを見て登録番号を確認し、金融庁の検索ページで調べてみましょう。そこに記載されていれば正規の業者です。

 

中小の業者の審査が通りやすい理由 

中小の業者の審査が通りやすいのは、大手で断られた人を顧客にして業者として継続させていこうというサバイバル志向が働いているのが理由です。

 

他にも金利が大手よりも高めという特徴があります。金利を高くすることで貸し倒れリスクを回避するというのが中小の営業方針です。大手で断われた人は、何かしらマイナス要因を持っているので返済が滞る可能性が高いため、金利を上げることによって回収率を高めているのです。

 

金利が高いほど審査は通りやすい傾向は金融機関全体に通じることで、高金利の中小業者は審査が柔軟であることが分かります。

 

また、中小業者は利用限度額が大手よりも低い設定になっています。これも貸し倒れリスク対策です。業者が独自の基準で審査して、低い限度額で借りてもらうことで何かあったときのリスクを回避していると考えられます。

 

フクホー

 

審査に通りやすい中小業者として有名なのはフクホーです。通常の業者は保証会社を別途立ててリスク回避をしますが、ここは自社保証です。

 

1970年に大阪で設立された消費者金融業者で、長年のノウハウの蓄積があります。

 

店舗は大阪に1つあるだけですが、申し込みはインターネットからできるので全国から申し込み可能です。カード発行がなく、借入は振込融資だけです。

 

メリット
  • 店舗窓口なら即日融資もできる。
  • 来店が不要でインターネットでの申し込みが可能。
  • 契約書類をセブンイレブンで受け取ると時間を短縮できる。
  • カードレスである。

 

契約書類をセブンイレブンのマルチコピー機で受け取ることができるというのは大きなメリットでしょう。

 

ネット申し込みの後、通常は書類を郵送して返送するという手間がかかりますが、フクホーは契約書類をすぐに受け取れます。それに必要事項を記入してFAX送信すると契約が完了します。

 

「自己破産しているのに審査に通過できた」「他では断られたのに、フクホーなら借入できた」などの口コミ情報も寄せられています。債務整理経験者に柔軟な対応を取ってくれると評価されています。

 

必要書類が多いというデメリットがありますが、審査が柔軟であるのはメリットでしょう

 

エイワ

エイワも審査に通りやすい業者として知られています。自社保証で、独自の審査をしている業者です。

 

1961年創業という老舗です。神奈川県横浜市に本店を構えています。街金として広く知れ渡っており、女性専用のレディースローンもあります。

 

小口融資が専門ですが、どこの審査にも通らなかったという場合にも柔軟に対応してくれます。

 

メリット
  • 大手の審査に落ちた人でも借入できる
  • 対面審査で、機械的に決めるのではない。
  • 中小業者にしては提出書類が少ない。

 

対面審査を実施するという点がエイワの特徴です。担当者が親身になって相談に乗ってくれたという口コミ情報があります。逆に「どうしてこなったんだ」と説教されてしまったという口コミもあります。

 

信用情報も審査しますが、それとともに申込者の事情や人柄なども審査の対象となっています。ネットが普及した現代でも、面談によって審査するのは非常に珍しい業者です。

 

金融事故歴のある人でも借りられたという実績があり、審査は柔軟です。

 

中央リテール

 

中央リテールはおまとめローンを専門に取り扱っている業者です。エイワと同様に店舗への来店が必須です。店舗は東京にしかありませんが、最短即日で融資を受けることも可能です。

 

おまとめローンは総量規制の対象外ですので年収の3分の1を超えた借入もできます。

 

おまとめローンは地方銀行が有名ですが、条件が厳しかったり審査に通過しにくかったりというデメリットがあります。その点、中央リテールは審査が柔軟で通過しやすいです。

 

メリット
  • 銀行などのおまとめローンに比較して審査が柔軟である。
  • 金利が低い(10.95%〜13.0%)
  • 借入件数が多くても対応可能。

 

借入件数は消費者金融業者では重要な審査項目で、通常は4件目になった時点で審査には通過できません。その点、中央リテールは他社借入が5社以上、借入総額が200万円以上というのが「利用条件」です。

 

融資は現金を渡されるのではなく、審査に通過した日に担当者と一緒に他社のローンの完済と解約を行います。

 

ライフティ

 

ライフティは1991年に設立された会社です。社名を2014年に変更しているため、新興の業者と思われがちですが、実際には老舗と言っていいでしょう。

 

中小業者ですが、ローンカードが発行され無利息期間もあるなど、大手の業者と引けを取らないサービスがあります。サービスは大手並み、審査は中小業者らしい柔軟さがあるという業者です。

 

メリット
  • ローンカードが発行される。
  • 18歳から利用可能。
  • 1000円から借入可能。
  • セブン銀行のATMで借入・返済が可能。

 

デメリットとしては即日融資が困難という点です。ネットで申し込みをして審査に通過したら、契約書類が郵送されてきます。それに必要事項を記入して返送するというスタイルで契約します。

 

郵送・返送には時間がかかりますので、その日のうちに融資というわけにはいきません。

 

キャネット

審査が柔軟な業者としてキャネットも有名です。全国に「キャネット」という店舗がありますが、大きく北海道地区・関西地区・九州地区の3つに分類されます。

 

それぞれに登録番号を持ち、協会会員番号があるため別会社がそれぞれ「キャネット」を名乗っているようにも見えますが、関連会社であると推測されています。

 

メリット
  • 対応が早い。
  • 即日融資にも対応。
  • 配偶者に収入があれば専業主婦でも借入可能。

 

大手の業者や銀行で専業主婦は断られている現状ですので、貴重な存在と言えるでしょう。

 

利用するのは「配偶者貸付」という制度です。配偶者貸付は配偶者の年収と自分の年収を合算して、その3分の1までなら借入可能とする制度です。

 

どうしても納得できないときの相談窓口

お金を借りたいと思って、消費者金融業者などに申し込んだが、自分には何の落ち度もないのに審査に通らなかったというケースもあります。金融機関に問い合わせても通常は理由を教えてもらえません。

 

総量規制や個人属性、信用情報に問題がないのに審査落ちして、どうしても納得できないこともあるでしょう。

 

そういったときに相談する窓口があります。

 

国民生活センターへ

国民生活センターは消費生活にかかわる問題全般を取り扱う機関です。毎日の生活のなかで消費者として感じた問題を相談することができます。苦情や問い合わせに専門の担当者が対応してくれる公共機関です。

 

一般的な日常生活のなかで発生する金銭問題にも対応しており、様々な疑問に対して公正な立場から適切な対応を取ってもらえます。

 

多いのは商品やサービスの提供に関する相談ですが、消費者金融業者に関する問い合わせにも対応しています。自分には分からない理由で金融機関への申し込みを断られたと考えたときにも、相談してみる価値があります。

 

全国に相談センターを設置しているほか、「消費者ホットライン」という電話による受け付けも行っています。相談は主に平日ですが、場所によっては休日に開所しているところもあります。公式ホームページを確認してみましょう。

 

日本クレジットカウンセリング協会へ

消費者金融業者やクレジット会社に関連する消費者からの問題を取り扱う公的な機関として、日本クレジットカウンセリング協会という組織もあります。

 

国民生活センターは消費活動全般に関わりますが、こちらはクレジットと消費者金融の専門的な機関です。公正で中立的な立場から適切なアドバイスをしてもらえます。消費者保護が目的ですので、状況に合ったカウンセリングを受けることができます。

 

債務関連の専門家が在籍しているため、消費者金融業者に関連するトラブルに関して、より相談しやすい機関と言えます。

 

弁護士などの法律の専門家へ

また、弁護士などの法律の専門家に依頼するという方法もあります。自身の原因でもないのに、借入の申し込みが否決されたのを不当として法的に訴えることも可能です。

 

ただ、弁護士などの専門家に相談に行くと、必ず所定の相談料を支払う必要があります。場合によっては相談料が支払えないというケースもあるでしょう。

 

こういった事態に備えて、無料で相談できる法テラスという公的機関が全国に設置されています。「とりあえず専門的に見てどうなのか」「弁護士に依頼する費用がない」といった場合に役立ちます。

 

審査が通らないけど、どうしてもお金を借りたいとき

公的な融資を受ける

消費者金融業者や銀行の審査に通らないが、どうしてもお金を借りたいときに頼りになるのが、厚生労働省が提供している生活福祉資金貸付制度です。

 

これを利用すると国からほとんど無利子でお金を借りることが可能です。

 

低所得者や障害者、高齢者などの世帯で国から借入できるものですが、審査に時間がかかるというデメリットがあります。融資を受けるまでに1ヶ月程度かかります。

 

また、すでにカードローンから借入があると審査には通りません。まったく審査に通らなかったという人は逆にチャンスとも言えます。

 

総合支援資金
  • 生活支援費→生活を再建するための生活費
  • 住宅入居費→住宅の賃貸契約のための費用
  • 一時生活再建費→技能習得のための経費、滞納している公共料金の立て替え、債務整理のための必要経費など

 

福祉資金

福祉費→ケガや病気の療養に必要な経費と生活費、暮らしを立て直すための仕事の必要経費など。

 

この他、教育支援資金や不動産担保型の生活資金貸付制度もあります。総合支援資金では、2人以上の世帯で月に20万円、1人世帯で月に15万円を借入できます。

 

現金化アプリを使う

どうしてもお金が必要だが、消費者金融業者などの審査に通らないというときに役立つのが質屋でしょう。ブランド品や洋服といった品物を入れてお金を借りることが可能です。

 

品物という担保があるため、審査が必要ありません。

 

近年では身近なものを現金化するアプリも多くあります。使わなくなったブランド品などを写真に撮ってアプリ内で査定してもらうというものです。有名なのはフリマアプリのメルカリでしょう。個人間やり取りなので手間や時間がかかりますが、現金を手にできます。

 

CASHというアプリも便利で、運営企業と直接のやり取りであるため時間や手間がかかりません。早く売れるというメリットがありますが、若干安く査定されてしまうというデメリットがあります。

 

消費者金融業者の例外貸付を申し込む

キャッシングの審査に通らない原因が総量規制にあるという場合には、総量規制の例外貸付を申し込むという手段もあります。

 

たとえば緊急性のある融資は総量規制を超えた範囲で貸付が実行されます。貸金業法の規定で、借りられるのは10万円未満で返済期間は3ヶ月となっています。3ヶ月以内に返済できるのであれば、消費者金融業者に例外貸付として申し込んでみましょう。緊急性についての定義はあいまいで、医療関係の支払いであれば該当しますが、他のケースでも適用されています。

 

また、個人事業主であれば事業性資金を例外規定として借入することも可能です。個人消費者としては総量規制に引っかかって借入できなくても、事業者として借りるときには総量規制の例外となります。

 

大手の消費者金融業者には、その人の事情を考慮して少額を融資するという制度があります。こういったものを利用することで、どこの審査にも通らない人でも借入ができるようになります。

 

まとめ

費者金融業者などの審査に通らないという理由は様々です。一概に言うことはできません。審査には通らないが、どうしても借りたいというときに中小業者を利用しても良いでしょう。

 

例外貸付が適用できることもあります。