SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスについて

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスについて

急にお金が必要になったときに助けてくれるのが消費者金融です。

 

消費者金融大手のプロミスは最短1時間で借り入れまで行うことができますので、即日融資を希望しているときの候補の1つとして挙げることができるでしょう。

 

プロミスはローンのブランド名で、SMBCコンシューマーファイナンスが運営を行っています。SMBCコンシューマーファイナンスはSMBCグループの一員であり、メガバンクのATMや自動契約機を利用することができるというメリットもあります。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスはどのようなカードローンなのでしょうか。

 

プロミスの審査

プロミスの申し込みは様々な方法を利用することができます。郵送や店頭での申し込みにも対応していますが、最も早いのがWebからの申し込みです。申し込みができる人も安定した収入があることのみ条件としていますので、アルバイトや主婦でパートをしている人でもカードローンの契約をすることができます。

 

実質年率は4.5%〜17.8%の間でSMBCコンシューマーファイナンスの審査内容によって決定されます。プロミスの特徴としては、契約後でも定期的に契約内容の交渉をすることができる点です。消費者金融のカードローンは金利が高いからという理由で嫌煙されてしまうところがありますが、長期間利用を続けることによって銀行並みの条件のカードローンに化けていく可能性があります。

 

最大金利が17.8%という数字は、他の消費者金融や一部の銀行のカードローンよりも低くなっていますので、少しでも金利が低く、契約しやすいカードローンを選ぶとき、プロミスは適していると言えるでしょう。

 

プロミスの最大融資限度額は500万円となっていますが、消費者金融は貸金業法によって規制されているため、総量規制の対象となっています。総量規制とは年収の3分の1以上の貸し出しを禁止する法律です。500万円の限度額を設定してもらうためには1500万円の収入が必要になりますので、年収が低くてもまとまった金額の融資を希望する場合は銀行カードローンに申し込みを行いましょう。

 

ただしプロミスの「自営者ローン」に関しては総量規制の対象外となっています。自営者ローンはビジネス用にも生計用にも利用することができるカードローンです。一般のカードローンと両方を契約することはできませんので、自営者ローンを利用する場合は一般のカードローンからの切り替えになります。

 

手続きはすべてWebや自動契約機で行うことができます。自営者ローンのもう1つのメリットは、利子割引料を経費として計上することができるようになる点です。利息分を収入から引くことができますので、節税対策になるでしょう。

 

SMBCコンシューマーファイナンスはプロミスの運営以外にも、さまざまなカードローンやクレジットカードの保証業務を行っています。SMBCコンシューマーファイナンスの審査に通ることができるように、プロミスの契約を行ったら信用を失わないような利用の仕方が大切です。

 

プロミスで即日融資を受けるには

プロミスで即日融資を受ける場合、持っている銀行口座や申し込み時間や曜日によって異なります。

 

例えば平日の14時までに契約が完了する場合、電話やWeb、自動契約機など好きな方法で申し込みをすることができます。15時までに振込依頼を出すことができれば、どのような金融機関であってもその日のうちに融資を受けることが可能です。

 

もし三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、15時以降の申し込みでもその日のうちに融資を受けることができます

 

この2つの銀行口座を振込先に指定する場合、「瞬フリ」というサービスを利用することができます。

 

これは24時間365日、融資の申し込みをしたタイミングで、すぐに振込を行ってくれるサービスです。

 

もし申し込みをした日が土日や祝日など、金融機関がお休みの日だった場合、発行されるカードを受け取ることで即日融資を受けることができるようになります。

 

プロミスでは申し込みをWebで行い、カードの受け取りを郵送ではなく、自動契約機からの発行にすることができます。

 

最初から自動契約機で申し込みをしても良いのですが、仮審査の間しばらく自動契約機のブース内で待たなくてはなりません。時間がかかってしまいますし、行動が制限されてしまいます。仮審査を行っている間でも自由に行動することができるよう、Webからの手続きのほうがオススメでしょう。

 

仮審査に通過すると、その後の本審査の連絡を受け、在籍確認や本人確認などの手続きを行います。在籍確認とは会社へ申込者が働いているかどうか確認する作業ですが、このとき電話ではプロミスやSMBCコンシューマーファイナンスの名前は出しません。そのため電話対応者が、カードローンの契約に関する電話と判断することはできないでしょう。

 

もし会社がその日お休みで在籍確認が取れない場合、以前は給料明細や会社発行の保険証の提示で在籍確認をパスしてくれることもありましたが、現在では電話をかけることが必須となってしまっています。SMBCコンシューマーファイナンスでは顧客の情報を守る一貫として、電話等でSMBCコンシューマーファイナンスと名乗ることはありません。

 

本審査に通過するとカードの受け取り方法の案内を受けます。即日融資を希望する場合は自動契約機での受け取りを選びましょう。

 

返済の方法

返済の方法から借入先を選ぶことも大切です。

 

SMBCコンシューマーファイナスは三井住友銀行のATMを無料で利用することができるため、他の消費者金融のカードローンと比較しても利用できるATMの数が多くなっています。もちろんコンビニATMにも対応しており、E-net、ローソン、セブン銀行、ポプラ、ミニストップなど、さまざまなコンビニのATMを利用できます。

 

ただしコンビニATMを利用すると、返済や借り入れで手数料がかかってしまいます。手数料は利息負担の次に大きな出費となりますし、利用金額次第では利息負担よりも大きくなることがあります。できるだけ無料で利用することができるよう、三井住友銀行のATMやプロミスのATMを利用しましょう。

 

ATMを利用する場合、硬貨に対応しているものとそうでないものがあります。特にコンビニATMでは最低利用額が1000円になっていることがほとんどですので、細かい金額の返済をしたいのであれば、三井住友銀行のATMで硬貨を入金しなくてはなりません。

 

また、インターネットバンキングによる支払いにも対応しています。

 

インターネットバンキングで対応している金融機関は、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行です。インターネットバンキングによる支払いでは1円単位で返済をすることができ、手数料もかかりません。自宅からでも簡単に返済することができるので、手間暇もかかりません。

 

ジャパンネット銀行は設立に三井住友銀行が関わっているため、融資の時にも24時間利用することができ、大変便利です。

 

ネットバンキングを持っていることで他の会社のカードローンでも即日融資に対応することができる場合があります。もし契約していないのであれば、口座を作っておいて損はしないでしょう。ネットで銀行口座を管理することができますので、残高照会でいちいちATMに行く必要もなく、金銭の管理が便利になるでしょう。

 

利息負担を少しでも減らしたい人は、インターネットバンキングから少しでも余裕があるときに返済をしておくと良いでしょう。もしお金が必要になった場合でも手元にカードや三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、すぐにお金を再び融資してもらうことができます。ジャパンネット銀行の場合はコンビニATMでも入出金額が3万円以上であれば、いつでも手数料は無料です。

 

「三井住友VISAプリペイド」のサービス

プロミスでは現金の融資以外にも、三井住友VISAプリペイドへのチャージという形で、新しく融資サービスを開始しました。プロミスからお金を借りて何に使うのかは人それぞれですが、プリペイドカードにチャージすることで、クレジットカードのようにネットショッピングでも利用することができるようになっています。

 

プリペイドカード自体は審査がないため、だれでも持つことができます。

 

もしクレジットカードを新規に作ることが難しい人の場合、こうしたチャージ式のプリペイドカードをクレジットカードの代わりとして利用することができます。

 

もちろん利用金額がポイントとして貯まっていきますので、現金払いをするよりも結果的には得をすることになります。プリペイドカードの発行には時間がかかりますので、急いでいる場合は後日申し込みをすると良いでしょう。

 

またSMBCコンシューマーファイナンスには他にも顧客に便利なサービスを展開しています。それが「おとくらぶ」です。

 

おとくらぶにはショッピング、旅行、アミューズメントパークの利用、スパなどの施設などが会員価格で利用できるサービスがそろっています。

 

このサービスはプロミスの会員でないと利用することができません。プロミスのカードの利用残高でサービス内容が変わることはなく、会員かどうかだけが利用できる条件です。

 

ただし利用残高が全くなかったり、全額返済をして6か月以上たっている場合は利用することができません。少しでも残高を残しておくと、このサービスを利用することができるようになるのです。

 

多少残高を残しても、おとくらぶを利用したほうが得することもあります。例えば旅行に行く場合、多くの人が旅行サイトから宿泊施設を検索します。プロミスのおとくらぶから検索することで、まったく同じ宿泊施設でも、旅行サイトから申し込む時よりも安い価格で利用することができるようになります。

 

このサービスは2015年11月からスタートしており、利用できるサービスの数も増えてきていますので、今後さらに拡大していくことが期待できるでしょう。

 

そうしたサービスの支払いを三井住友VISAプリペイドで利用すれば、安く利用してポイントもたまって、ダブルで得をすることができるでしょう。プリペイドカードはVISA加盟店であれば利用することが可能です。

 

まとめ

プロミスは即日融資に対応していることや、知名度でも高いことから多くの人から人気を集めている消費者金融です。最大金利が他社よりもやや低く設定されている点も人気があるポイントです。三井住友VISAプリペイドやおとくらぶなどのサービスの他にもプロミスは顧客に対してさまざまなサービスを行っています。

 

その1つに無利息サービスというものがあります。

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

これは契約して最初の借り入れから30日間は利息が発生しないというものです。

 

他社でも同様のキャンペーンを行っている会社はありますが、プロミスがこうした会社と違う点は、ポイント制度を導入しているところです。毎月ログインしたりプロミスからのお知らせを読むとポイントがたまります。収入証明書の提出でかなり高いポイントを得ることもできます。

 

こうしたポイントを消費して、無利息期間を自分の好きなタイミングで設定することができます。ポイントの消費量によって無利息期間の長さは変わります。借入額が最も大きくなっているときにポイントを利用すれば、利息負担を上手に削減することができるでしょう。

 

SMBCコンシューマーファイナンスは消費者金融としてもトップクラスの規模を誇ります。そのバックにメガバンクである三井住友銀行が付いているということも、安心できるポイントの1つです。

 

また、プロミスはコールセンターの対応が非常に良いと評判のある会社です。

 

それは女性が安心して利用することができるように、女性専用の「レディースローン」というサービスを行っていることからもうかがうことができます。こうした顧客のことを配慮したサービスをさまざま行っていますので、消費者金融というマイナスのイメージも、最近ではずいぶんと薄くなってきました。特に銀行のグループになったことも大きな影響を与えているでしょう。

 

プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスは他の会社の保証業務も請け負うことがあります。社内での自分の評価が高くなるように、滞納などせずに信用を失わないような利用を心がけていかなくてはなりません。こうした大きな会社で評価が下がってしまうと、他の会社のクレジットカードやカードローンでも契約が難しくなってしまうことがあります。

 

大手を利用すると安心できる面もありますが、影響力が大きい点には注意が必要です。