オリックス銀行カードローン「最短即日審査」について

オリックス銀行カードローン「最短即日審査」

その日のうちにお金が必要な時に注目する文言が、「即日」です。しかし即日という言葉を使っている広告にもいくつか意味の違いがあります。

 

オリックス銀行カードローンは最短即日審査となっており、即日融資ではないということに気を付けなくてはなりません。

 

オリックス銀行カードローンは即日審査で結果は出ますが、融資まではできないということです。特に急いでお金が必要なときほど、慎重に借入先を選んで申し込みをしなくてはなりません。もし即日審査の会社に申し込みをしてしまうと、結局融資開始まで長い間待たなくてはならないのです。

 

即日審査と即日融資って何が違うの?

即日審査というのは、申し込み内容に不備がなく、その後の手続きがスムーズに行った場合に、審査の結果がでますよ、という意味です。申し込み内容に不備があればそれだけ審査にも時間がかかってしまいますので、場合によっては審査結果も翌日以降になってしまうことがあります。

 

銀行のカードローンでも審査の早いものはたくさんありますが、そうしたカードローンは保証会社に審査の得意な消費者金融が入っています。オリックス銀行カードローンの保証会社は、オリックスクレジットと、新生フィナンシャルが入っています。このうちどちらかの保証が得られれば契約することができます。

 

一方、即日融資とは、その日のうちに契約が完了してカードの発行、もしくは振り込み融資までできるという意味です。そうしたスピード審査を行っている会社の多くは消費者金融や、消費者金融を保証会社にしている銀行系カードローンです。残念ながらオリックス銀行カードローンの保証会社はそれほど審査速度が早くはありません。

 

即日審査の場合でもその日のうちに契約できるのかどうかわかりますので、もし審査に落ちてしまった場合は別のカードローンに申し込みをするなど、対策を練ることはできます。

 

ただしオリックス銀行カードローンの審査で落ちたということは、オリックスクレジット、新生フィナンシャルの両方で保証が得られないということになります。この2社を保証会社としているカードローンは審査に通らない可能性が高いので、別の会社のものを選ぶ必要があります。

 

「最短即日審査可能」なオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは最短即日審査で、審査結果が出たあとに本審査へと移ります。申込書には希望限度額を書きますが、場合によっては希望額に満たない金額での契約となるケースもあります。オリックス銀行カードローンは銀行系カードローンの中でも比較的年齢が若く、多くの人に融資を行うために、ある程度信用力の低い人への融資も実施しています。銀行系カードローンとしては契約のしやすいカードローンです。

 

仮審査後に行う本審査では借り入れ意思の確認や在籍確認を取ります。在籍確認は会社へ電話をかけ、本当に申込者が勤めているのかどうかを確認します。本人が電話に出ても良いのですが、在籍していることさえわかれば良いので、必ずしも本人が出る必要はありません。電話対応で「ただいま外出中」、「本日はお休み」など、所属が確認できれば良いのです。

 

その後カードローンが送られてきますが、受け取ったカードを使えるようにするためには、本人確認の書類を送る必要があります。書類はパスポートや免許証など、国が発行している写真付き証明書を利用することができます。

どちらも持っていない人はマイナンバーカードを作っておくと良いでしょう。マイナンバーカードはコンビニで住民票が取れるようにもなるため、持っていると大変便利な証明書の1つです。これらの手続きには時間がかかり、1週間程度見ておく必要があります。

 

即日融資を希望するなら

即日融資を希望するのであればオリックス銀行カードローンは選択してはいけません。

 

オリックス銀行カードローンは銀行系カードローンのため、総量規制の対象外、それでいて契約しやすいというメリットがありますが、急いでいるときには向いていないのです。もし即日融資を希望するのであれば消費者金融のカードローンの契約をするのがベストです。特に消費者金融大手は1時間以内に融資ができるところも多くあります。

 

そうした会社でも即日融資を実行してもらうためにはいくつか条件が発生することがあります。例えば申し込み時間が銀行営業時間を過ぎてしまうと、即日融資を受けるためには自動契約機でのカードの発行が必要になります。金融機関によっては24時間振り込みに対応しているところもありますが、対応している銀行口座を予め持っていかなくてはなりません。

 

カードを受け取ることができれば、契約した限度額内で自由に使うことができます。消費者金融は銀行が営業していない土日や祝日でも営業をしていますので、週末でも即日融資を行うことはできます。

 

最近ではWebで手続きが完結する会社も増えてきており、パソコンやスマートフォンの中に証明書を保存しておくと、手続きがスムーズで簡単になります。アプリから証明書を送ることで、すぐに確認をしてもらうことができるのです。

 

銀行のカードローンでも即日融資は可能?

では銀行系カードローンは即日融資できないのでしょうか?オリックス銀行カードローンは対応していませんが、それはカードが発行されるのに時間がかかるためです。

 

三井住友銀行にはプロミス、三菱東京UFJ銀行にはアコムが傘下にあり、これら2行の保証業務を担当しています。この2社は消費者金融としても審査速度が速いため、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のカードローンは即日融資に対応しています。

 

また、仮審査は保証会社が基準で決定しますので、銀行系カードローンでありながら契約しやすいという特徴もあります。オリックス銀行カードローンの保証会社がこれら2社のように大手消費者金融になった場合は即日融資が可能になるかもしれません。

 

オリックス銀行カードローンでは即日融資ができない代わりに、総量規制の対象外で契約がしやすいというメリットがあります。複数の借り入れがある人でも契約することができますので、オリックス銀行カードローンをおまとめローンとして利用する方法は便利かもしれません。

 

オリックス銀行カードローンの最大金利は17.8%と比較的高くなっていますが、限度額が大きくなれば金利は引き下がりますし、他行のカードローンのように低金利のローンへと変化していきます。

 

オリックス銀行カードローンは最初の契約額では金利が高いままとなってしまう傾向が強いため、利用と返済を続けて信用を付け、限度額を増やしていくことでメリットが大きくなっていきます。

 

まとめ

オリックス銀行カードローンは即日融資には対応していませんが、総量規制の対象外のため消費者金融にはないような魅力もあります。銀行系カードローンにこだわって契約したい人には魅力的なローンです。

 

特に個人事業主やアルバイト、パートなど収入が低い人へも幅広く貸出を行っていますので、融資が心配な人にも良いでしょう。その場合はいつまでに契約が必要か逆算して計算し、申し込みをするようにしましょう。

 

どうしても即日融資を希望する場合は、その日のうちにカードの発行が可能になる大手消費者金融や、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンに申し込みをすると良いでしょう。

 

これら銀行系カードローンは15時を過ぎたあとでも、ATMコーナーに設置されている自動契約機で契約を進めることができます。仮審査を行っている間はブースで待つことになってしまいますので、申し込みなどはWebや電話で行い、カードの受け取りのタイミングだけ自動契約機を利用すると良いでしょう。

 

できるだけ「今すぐお金が必要」という状況になることは避けた方が良いです。

 

そのために自分の貯金に関しても管理を行い、自分がいくら持っていて、いつまでにいくら必要になるのかを把握するような生活を心がけることも大切です。そうしたお金の管理は借り入れをした後、返済をしているときにも必要なことです。