SMBCモビットの審査の流れ

SMBCモビットの審査の流れについて

SMBCモビットは、三菱UFJ銀行や三井住友銀行の口座を持っている人であれば、社会保険証や組合保険証があればインターネット上で申し込み手続きを完結させることも可能です。

 

インターネットで手続きを完結させると、電話での問い合わせや書類の郵送などを行う必要がないため非常に便利です。

 

時間もかからずスピーディーに対応してもらうことができますし、書類も自宅に届かないので家族や近所の人にキャッシングの利用を知られてしまうこともありません。上記の口座を持っていてスピーディーに手続きを終えたい人には、おすすめの業者だと言えます。

 

申し込みに必要なもの

SMBCモビットのカードローンの基本的な内容としては、実質年率が年3.0%から18.0%で借入限度額は1万円から800万円、最短で30分の審査時間で融資が可能になっています。もちろんこれはあくまでも最短の時間であり、カードローンを申し込んだ曜日や時間帯などによっては翌日以降に融資がずれ込んでしまう可能性も十分にあります。

 

毎月必要となる最低返済額は4千円から可能で、保証人も不要となっています。基本的にはインターネットでのWEB完結が可能ですが、在籍確認は電話で行われるケースがほとんどです。

 

SMBCモビットのカードローンの借り入れ方法としては、提携を含めたATMやCD、口座振り込みなどで対応可能です。申込対象者は他のカードローンと同じく、満20歳から69歳までの安定した収入を得ている人となっています。

 

実際にSMBCモビットへ申し込みを行う際には、審査の流れで必ず必要になる書類として本人確認書類が挙げられます。他の様々な契約や手続きでも必要になる書類なのでご存知の方も多いでしょうが、一般的には運転免許証が最適な本人確認書類として重宝されており、SMBCモビットでも基本的に運転免許証のコピーを提出するよう求められます。

 

これを所有していない人であれば、健康保険証やパスポートなどを運転免許証の代わりとして審査の流れで提出することになります。

 

いずれの本人確認書類も、提出する場合は現物ではなくコピーで十分です。インターネットで手続きを完結させる場合は、コピーを送付するのではなくスマホなどで写真を撮影して送信するという方法が一般的です。必要なものは事前に準備しておいた方がスムーズに審査の流れが進むので、事前にSMBCモビットに確認しておくと良いでしょう。

 

申し込みの流れ

SMBCモビットのカードローンを申し込む場合、審査の流れとしては

  1. カードによる申し込み
  2. WEBによる申し込み

の2種類に分けることができます。

 

それぞれの申し込み方法によって必要な書類や手続き方法などが異なるので、スムーズに進めるためにも事前に審査の流れを知っておくことが大切です。

 

カード申込を行う場合、まずはインターネットから名前や住所、収入や他の借り入れ状況といった基本的な情報を入力します。その後審査が進むと担当オペレーターから連絡が入り、運転免許証など必要書類の提出を求められます。審査に無事通過できれば、契約書やカードなどが自宅に送付されてくるのですが、差出人がSMBCモビットだとすぐに分からないように他の名義で届くので安心です。

 

WEB完結タイプのカードローンを申し込む場合、上記のカード申込よりも手続きは簡単になります。まずはインターネットから名前や収入などの基本情報を入力し、審査を受けます。WEB完結申し込みであれば、オペレーターから電話などもなく、基本的にはメールで連絡を取り合うことになります。

 

審査を通過して手続きが完了した旨のメールが届いたら、次は申込者がメールに記載されているURLにアクセスし、そこから直接入会手続きを行うことになります。

 

カードを利用しない場合は、カードはもちろん他の書類なども自宅に送られてくることはないので、安心して手軽に手続きを終えることができます。WEB完結申し込みの方が自分でやらなければならない部分が多いですが、その分自分のペースで手続きが可能ですし、書類の郵送や電話のやり取りなどの手間もかからないのでスピーディーに審査の流れを進めることもできます。

 

申し込み時間によっては・・・

SMBCモビットでカードローンの申し込みを行うと、うまく審査の流れが進めば最短で30分という驚きの時間で融資を受けられるようになります。ただ、当然ですが曜日や時間に関係なく、申し込みさえ済めばいつでも即日融資が可能になるという訳ではありません。

 

これはSMBCモビットに限らずどんなカードローンでも同じですが、申し込みを行った時間や曜日によって即日融資を受けられるか否かが変わってきます。SMBCモビットのカードローンは基本的に振り込み融資となるので、指定する金融機関の営業時間内に手続きや審査の流れを終える必要があります。

 

SMBCモビットで即日融資を受けるためには、遅くとも14時50分までには申し込みや審査など一連の手続きを終えておくことが大切です。時間ギリギリになると翌日以降に振り込みがずれ込んでしまう可能性もあるので、確実にカードローンの即日融資を受けたい場合は14時ころまでには全ての手続きを終えられるようにしておきましょう。

 

また、SMBCモビットの場合は申し込み手続きが完了した後に、国内に設置されているSMBCモビットカードローン申し込み機からカードを発行すると、ATMで直接現金を引き出すことができるので非常に便利です。この方法なら振り込みを待つまでもなく、土曜日や日曜日など銀行が営業していない時間でも即日融資を受けられます。

 

カードローンの利用を思い立ったのが金曜の夜や休日など、振り込みが不可能な時間帯だった場合はインターネットで審査の流れを終わらせ、最寄りのカード申込機へ出かけて手続きを行うようにしましょう。即日融資を希望する場合は、このように時間帯や曜日によって融資を受けられないこともあるので注意が必要です。

 

在籍確認

一般的にカードローンやキャッシングを申し込んだ場合は、審査の流れの一環として在籍確認が行われます。

 

在籍確認とは、申し込みの際に申込者が申告した勤務先や収入が真実かどうか、金融機関や貸金業者が直接勤務先へ確認の連絡を入れることを言います。

 

もし申込者がその勤務先で働いている確認が取れなければ、申し込み内容の信憑性や申込者の信用度が大きく下がってしまいます。

 

基本的には在籍確認が取れなければ審査の流れで断られるケースがほとんどなので、在籍確認はカードローンを利用する上で非常に重要なポイントだと言えます。

 

SMBCモビットの場合は、主に担当者からの電話連絡によって在籍確認が行われます。この時、勤務先で電話を受けた人に対してSMBCモビットの名前を名乗ることはまずありません。必ず担当者が自分の個人名で電話をかけてくるので、勤務先の同僚にカードローンを申し込んでいると知られてしまうこともありません。

 

勤務先にどうしても電話連絡を入れられたくないという場合は、代替で対応可能なこともあるのでSMBCモビットに連絡してみると良いでしょう。

 

WEBだけで審査から融資までが完結

 

SMBCモビットでカードローンを利用する場合の大きなメリットとしては、WEBだけで申し込みが完結させられるという点が挙げられます。

 

上記でも述べましたが、基本的には三井住友銀行や三菱UFJ銀行の口座を開設しており、かつキャッシュカードを発行している人であれば利用することができます。単に口座やキャッシュカードを持っているだけではなく、社会保険証や組合保険証、船員保険証や国民健康保険証のいずれか一つを持っていることという条件もあります。

 

これらの条件を満たしている場合、審査の流れが大幅に短縮化できるのでスピーディーな手続きが可能になります。

 

WEB完結型の申し込みをした場合、既に使用している三井住友銀行などのキャッシュカードをカードローン用としても利用できるようになります。ローン機能がカードにプラスされることになるので新たなカードを持つ必要もありませんし、書類やカードなどのやり取りをしなくて良いので家族にカードローンの利用を知られてしまう心配もありません。

 

通常は電話で行われる在籍確認についても、社員証などの書類をカメラで撮影してアップロードすれば良いので、全ての手続きをWEB上で完結させることも可能です。手間をかけずにスピーディーにカードローンの申し込みを済ませたい場合は、SMBCモビットのWEB完結型申し込みを利用するのが最適だと言えます。

 

借り入れを返済する場合もATMなどからカードで返済する必要はなく、自分が指定した口座から毎月一定の金額を自動的に引き落としてくれます。うっかり返済を忘れることもないので、遅延利息などが付くリスクも予防することができます。

 

返済日

SMBCモビットのカードローンの審査に通過して融資を受けられた場合、実際にお金を借りた翌月から返済がスタートします。カードローンは、しっかりと返済していかないと滞納の情報が信用情報機関に登録されてしまい、他の住宅ローンやクレジットカードなどの申し込み時に不利に影響してしまうこともあります。このため、SMBCモビットに限らずカードローンを利用する場合は、必ず返済日や返済方法などについて事前に確認して忘れずに返済することが大切です。

 

SMBCモビットの場合、毎月一定日に返済することになります。給料日後など、都合の良い日にちを選んで指定することができるので、手持ちのお金が少なくなる日をうっかり指定しないよう注意しておきましょう。

 

返済にあたっては

  1. ATM
  2. 口座振替

の2種類から選ぶことができ、ATMを利用する場合は指定した返済日以前に返済すると、本来返済すべき当月の指定日の返済は不要となり、翌月の返済日まで時間的に余裕ができることになります。

 

口座振替ではこのような繰り上げ返済ができないので、余裕ができた時に早めに返済しておきたいという人はATM返済を選んだほうが良いでしょう。

 

また、口座振替を利用するためには三井住友銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行の口座を持っておく必要があり、これらの口座を持っていない場合は口座振替は利用できません。

 

この2つの返済方法の他、自分でSMBCモビットの指定する金融機関の口座に毎月振り込む返済方法もあります。毎月指定された日までに振り込む必要があるので、うっかり忘れてしまったり銀行の営業時間外になってしまうこともあるので注意しておきましょう。

 

SMBCモビットのおまとめローン

複数の消費者金融や銀行などから借入を行っている場合、SMBCモビットでそれらを全て借り換えるおまとめローンとしても利用が可能です。(おまとめローンという商品はありませんが限度額800万円の頼れるローン。資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能です。)

 

おまとめローンを利用する場合には、

  1. 総量規制の範囲内かつカードローンの利用限度額以下でまとめる方法
  2. 総量規制の範囲外で法律に基づいたおまとめローン商品を利用する方法

の2種類があります。

 

総量規制の範囲内でまとめる場合、当然ですが総量規制に余裕がある人のみが利用できます。

 

年収が300万円の人の場合は100万円までしか借り入れることができないので、既に100万円を複数の業者から借りているならSMBCモビットでおまとめローンを利用することができません。

 

50万円を借りている場合、SMBCモビットで50万円のおまとめローンを作ってもトータル100万円の範囲内に収まるため、問題なく利用することができます。100万円を既に借りてしまっている場合のように、おまとめローンに借り換えたくても一時的に総量規制に引っかかって利用できないという人は、貸金業法に基づいて証書貸付という形で例外的に総量規制の範囲を超えて借り入れることができる制度もあります。

 

一般的なカードローンのように自由に借りたり返済したりすることはできませんが、SMBCモビットが他の複数の借り入れ先に代理返済を行い、利用者はSMBCモビットのみへ返済していくという形で一時的に総量規制を超えた借り入れが認められることになります。

 

このようにSMBCモビットで借り換えを利用したい場合は、まず通常のカードローンに申し込みを行い、利用が認められてからオペレーター経由でおまとめローンの利用を相談してみましょう。利用者の借り入れ状況に応じて、どちらのおまとめローンを利用するか案内をしてもらえます。