カードローンの金利について

カードローンを利用した場合の金利

カードローンの金利とは、わかりやすく言うなら利息の利率・割合です。

 

カードローンを利用すると、現金を借り入れた事になります。 借り入れがお金を返済する時、元本返済分と利息を支払う事になります。 利息は、この元本の対してある利率・割合と返済方式に応じて金額が決定されます。

 

カードローン会社のウェブサイトには、年率と表示されている事がほとんどです。 この年率ですが、金利と意味合いはほぼ同じと思ってもらって構いません。 ですので自分の支払っている利息を詳しく知りたい場合、適用されている年率、元本、返済方式を理解しましょう。

 

利息の簡単な計算方法をご存知でしょうか。

利息は、元金×適用されている年率×借り入れ期間で、大まかな金額を計算できます。 実際は、返済方式などを細かく詰めていく事になりますので、やや複雑となります。 一応、簡単な計算方法として覚えておきましょう。

 

このような事をある程度理解すると、申し込み先を決める時、役に立ちます。

 

カードローンを賢く利用したい方であれば、年率が小さい金融機関に申し込みする事ができます。

 

年率が小さいカードローンなら、他社と比べ、利息も少額となりますので、返済時の負担が少なくなります。 すると、金融機関のウェブサイトで注目する部分がハッキリしてきます。

 

上限年率と下限年率を確認し、借り入れ金額をハッキリさせる事でどこに申し込めば良いかわかるようになります。

 

一般的に多額のお金を借りる場合、下限年率が適用されやすく、少額であれば逆に上限年率が適用されやすいです。 金利を理解する事で、利息を意識する事ができます。 ベストな申し込み先を見つける時にも役に立ちますので、ある程度意味を理解しておくと良いでしょう。