利息の計算方法

カードローンの利息の計算方法はどんなものがある?

カードローンとは、銀行や信用金庫などの多くの金融機関で取り扱われている、個人向けの無担保ローンのことです。 ローン契約会社から発行された、ローンカードと呼ばれるカードを利用して、ATMなどでお金を引き出すような形で借り入れを行うことができることから、このように呼ばれています。また、ATMでは、借り入れだけでなく、借りたお金の返済も行うことができます。 さらに、利用できるATMは、そのローン契約会社である銀行等のATMには限られません。提携する他の金融機関のATMや、コンビニエンスストアに設置されているATMも利用できます。つまり、時間や場所を選ばずに、借り入れや返済ができる点で大変便利なローンです。 カードローンには、借り入れ残高に対してかかる利息の額を計算するための金利が設定されます。 一般にはリボルビング方式が採用されており、支払うべき利息は、借り入れ残高に、金利と、借り入れ期間を乗じることによって計算されます。 また、カードローンにおける毎月の返済額は、予め定められた返済方式によって自動的に計算されます。 返済方式には、元利均等方式と元金均等方式とがあります。 元利均等方式は、元金に利息を合わせた毎月の返済額を一定にする返済方式です。返済額が一定なので、返済計画が立てやすいというメリットがあります。 一方、元金均等方式は、毎月返済する元金の額が一定となる返済方式です。実際の返済額は、一定の元金に利息分を加えた額となり、利息の額によって毎月の返済額が変動します。