お金を借りたいときに金貸し掲示板は役立つ?

お金を借りたいときは金貸し掲示板!?そもそも金貸し掲示板とは

銀行や消費者金融業者ではなく、ネットの掲示板を使って個人間のお金の貸し借りをしている人たちがいます。

 

金融機関を利用することに抵抗感があるとき、こうした金貸し掲示板を使おうと考えてしまいますが、詐欺の危険も多いので注意しましょう。

 

金貸し掲示板って何?

近年、ネットで流行しているものに「個人融資掲示板」というものがあります。個人間でお金を貸し借りする掲示板です。検索すると、確かに様々な掲示板がヒットします。

 

こういった掲示板は、表向きには「個人が勝手に個人にお金を貸している」ように装っています。たとえば友人にお金がないと相談されて貸したという体裁を取るというのが個人融資掲示板です。

 

仕組みとしては以下のようになっています。

 

  • 掲示板にお金を借りたいという希望を書き込んで連絡先を入力する→お金を貸せるという人が連絡を取る。
  • 掲示板にお金を貸せると書き込んで、連絡先を入力する→お金を借りたい人が連絡を取る。

 

最初はフリーメールアドレスを利用してやり取りをして、具体的な金額などの内容を取り決めます。その際に電話番号やLINEの交換などを行うという仕組みです。一見すると使いやすく手軽にお金を借りることができるように思えます。

 

なんといってもメリットなのは、消費者金融業者に融資の申し込みをする手間が必要ないという点です。審査がないので、職場への在籍確認の連絡もありません。友人が困っているのでお金を貸したのだという体裁ですので、簡単で便利です。

 

どういう人が利用しているのか?

金貸し掲示板を利用する人は、要するにお金に困っているが消費者金融業者などの審査を受けたくない人、審査に落ちてしまった人です。

 

主に以下のようなケースで、こういった掲示板を利用します。

 

  • 今日か明日には10万円なりのまとまったお金が必要なのに、生活に困っていて用意できない人。
  • 借りたい人と貸したい人の両方が書き込みしているので手軽と思っている人。
  • 文章のみのやり取りだから、自分の身分がバレにくいと思っている人。

 

最も主要な理由は、消費者金融業者や銀行のローンの審査には通らないが、すぐにお金が欲しいということでしょう。

 

たとえば多重債務者です。消費者金融業者には総量規制というルールがあり、年収の3分の1以上の貸出は禁止されています。すでに総量規制の目一杯にまで借入していて、もう借りる先がないが、返済日が迫っていて他の方法がないといった場合です。

 

どんなやり取りがされているの?

こういった掲示板に書き込まれるのは以下のような内容です。

 

 

借りたい人

 

現在借金があって返済日が迫っています。でも返済するためのお金がありません。

 

ゆうちょ銀行に直接振込できる方、相談に乗ってください。よろしくお願いします。

 

  • 希望額:10万円
  • 月収:25万円
  • 現在の借金:100万円

 

 

明日までに5万円貸してくれる人はいませんか?

 

緊急の用立てがあって困っています。楽天銀行に振込できる人だとありがたいです。

 

  • 希望額:5万円
  • 月収:20万円
  • 現在の借金:10万円

 

借りたい人は主に、今日中や明日中に急いでお金が必要な人が多いです。借金をして返済日が迫っているのに手持ちのお金がなくなると、人間は正常な判断力を失いがちです。何でもいいからこの場をしのぎたいと考えてしまいます。

 

多いのは消費者金融業者や銀行の審査を当てにしていたのに、審査に落ちてしまったという事例です。借金がすでにあり、その返済に回せるお金がなくなったので新規で申し込みをしたが、審査に通らなかったので気持ちが焦っているというケースは非常に多いです。

 

 

貸したい人

 

安定した収入があるか、身内の収入が安定している方に個人融資をしています。1人1回10万円までを限度額とします。

 

最大で10名の申し込みを受け付けます。ご利用されたい方は早めにご連絡ください。

 

  • 融資可能額:1人10万円まで
  • 最大:100万円

 

 

お金に困っていて生活が苦しいという方はご相談ください。最大20万円までならお貸しできます。

 

支払い方法はメールで相談させてください。

 

  • 融資可能額:20万円

 

 

1人につき1万円までと少額ですが、生活に困っている人のお役に立てればと思って書き込みました。条件についてはご相談のうえで決めましょう。

 

返済するアテのある方が対象です。借りたい理由や返済のメドなどを知らせてください。

 

  • 融資可能額:1万円前後

 

掲示板にありがちな貸したい人の書き込みとして、少額の融資がメインであることと、申し込みしやすい文言で誘っているという点が特徴です。なかには、善意からお金を貸すという人もいるかもしれませんが、悪徳業者の巣窟であることが多いため、手を出すべきではありません。

 

掲示板でお金を貸す人がなぜいるのか?

なぜ個人融資掲示板を使って見知らぬ人にお金を貸すという人がいるのかという点は疑問でしょう。考えられるのは現在の低金利です。

 

現在、日本の金融は全体的に沈滞ぎみで、たとえば銀行に100万円を預けたとしても金利は1年で300円です。コンビニATM手数料程度の利息しかつきません。それなら、掲示板で借りてくれる人を探して利息で儲けたいと考える人がいても不思議ではないでしょう。

 

銀行に預けても、10万円は1ヶ月後も10万円のままです。これに金利をつけて人に貸したとき、月に10%の金利でも11万円になります。月に10%というとたいした金利ではなさそうですが、実際には法律に抵触するレベルです。

 

お金を人に貸すときには個人間では年率109.5%が上限で、それ以上の金利で取り立ててはいけないことになっています。月に10%というのは年率に換算すると120%ですので法律違反です。

 

個人融資掲示板を使って、法外な利息を取ろうとする人は数多く、なかにはヤミ金や悪徳業者が潜んでいます。

 

お金を貸してくれる掲示板は信頼できる?

違法かどうかの判断がつかない

お金を貸し借りする掲示板で厄介なのは、それが違法かどうかの判断がつきにくいという点にあります。もし金貸しを「業」として行っているときには、この掲示板でのやり取りは違法性が高いと言えるでしょう。

 

貸金業は認可を受けていない限り営業してはならないからです。ところが「困っている人に貸しただけだ」という体裁を取られると違法がどうかが疑わしくなります。金貸しをビジネスとして行っているかどうかの判断は次の3点です。

 

  • 不特定多数を顧客としていかどうか。
  • 継続的に行っているかどうか。
  • 募集によって利益を得ることを主たる目的としているかどうか。

 

この3点を満たしているとき、ビジネスとして金貸しを行っていると判断され、認可を受けずに行っているときに違法と言えます。逆に、この3点を満たしていないときにはビジネスではないので違法性があるとは言い切れません。

 

「低金利で即日融資。お金貸します。ご利用ください」という書き込みがあった場合には、これは金貸しを業として行っている可能性があります。

 

「お金を借りたい人いませんか? 相談に乗ります」という書き込みの場合、困っている人を助けたいからお金を貸すと言っているので、これだけでは「業」として行っているとは判断が付きません。

 

近年はヤミ金に対する取り締まりが強化されていますので、こういった個人への融資を装って違法な業者が営業活動をしている可能性が高いと言われています。

 

信頼性が事前に調べられない

金貸し掲示板の怖さは、相手の信頼性が事前に調べられないという点にあります。

 

ネットを経由して善意のある人からお金を借りること自体には法律上の問題はありません。ところがお金を貸してくれることを約束してくれる相手が信用できる人については調べることが不可能です。

 

相手は個人です。ヤミ金であれば、違法業者かどうかは金融庁のホームページの登録業者のリストで検索すれば簡単に調べることが可能ですが、個人となると情報が少なすぎて信頼性の確認ができません。

 

  • 「大丈夫です」
  • 「困っている人を助けたいだけです」
  • 「銀行に預けても金利がつかない」

などの理由を言われるだけで、まったく調べようがないのが金貸し掲示板です。

 

善意の第三者を装った悪徳業者につかまるリスクは極めて高く、それと引き換えに個人情報を渡すのは考えものでしょう。

 

個人情報を知られることになる

金貸し掲示板のリスクは、なんといっても自分の個人情報を渡すことです。取引をする段階で自分の名前、銀行口座番号と支店名、電話番号を信用できるかどうか分からない人に教えることになります。

 

これだけでは何にもならないと考える人もいるかもしれませんが、銀行口座番号を知られるのは大変に危険です。もし相手がヤミ金などの違法業者であったとき、その口座に勝手にお金を振り込んで「貸したのだから金利を支払え」と言われる恐れがあります。

 

ヤミ金が良く使う「押し貸し」という手法で、勝手に口座にお金を入れて、それに法外な金利を付けて取り立てるという手法です。

 

電話番号も知られているので、そこに1日に何百回も取り立ての電話がかかってくることになります。住所や実家を知られてしまったら、押しかけて厳しい取り立てを行うリスクもあります。

 

お金を貸します掲示板の危険性

先振込詐欺が多発

お金貸しますという掲示板の危険性は様々に指摘されています。良くある詐欺の手口に「先振込み詐欺」というものがあります。これは事前に指定した口座に振り込みをしてくれと言う手口です。

 

「お金を貸しても大丈夫な人かどうかを確認したいので、先に指定した口座に5万円を振り込んでください。確認ができたら10万円を口座に振り込みいたします」などと言ってきます。このようなことを言って実際には10万円が振り込まれることがないという手口です。

 

これは冷静な判断力があればすぐに詐欺を見破れますが、借金の返済の問題で頭が一杯のときには、切迫した状態で正常な判断力を失っています。いますぐ用意しなければならないと考えるあまり、これほど簡単な手口でも容易に騙されてしまいます。

 

一種の「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」です。警視庁が公開しているデータでも、この種の詐欺が数多く発生していることが確認できます。

 

個人情報が売られる

こういった詐欺は元々ヤミ金が得意としてきたものです。近年は表立ってヤミ金を経営することは非常に困難になってきています。ネットの広告にはまだ存在していることが確認できますが、正規の業者を装って違法な営業をすることは警察の努力もあって減少しつつあります。

 

ヤミ金が良く使っていた手法が、個人情報の売買です。お金貸します掲示板でも、本人かどうか確認したいから運転免許証のコピーを送ってほしいとか、連絡が取れないと困るから住所や勤務先を教えてほしいなどと言ってくることがあります。

 

個人情報はそれを売買する業者に売られます。個人情報はさらにヤミ金業者などの非合法な組織に流れて、自分の携帯電話や住所に融資の誘いが次々に送られてきたり、チラシが届いたりするようになります。

 

個人情報を知らない人に公開する危険性は警察庁や総務省も注意をうながしています。誰かも分からない人に個人情報を知らせるのは絶対に止めましょう

 

実はヤミ金

個人のお金の貸し借りをするという体裁を装っているが、実際には貸主が闇金融だったというケースは非常に多く見受けられます。相手は人を騙すプロです。巧妙な手口で安心させて違法な金利でお金を貸してきます。

 

闇金融は、業者数は減少していると言われていますが、形を変えて存在しており、日本貸金業協会への相談件数は劇的に減っているとは言い難い状況です。

 

闇金融を利用すると、少額の貸付で法外な利息を取り立てたり、違法な取り立てが借りてすぐに開始されたりします。本人以外への取り立てや、勤務先に押しかけるなどといった暴力的な行為を行ってきます。借金は元々恥ずかしいものと思っている人ほど、こういった被害にあいやすくなります。

 

消費者金融業者への申し込みが断られて、しかも次の返済日が迫っているというとき、真面目に返済しようとするあまり、個人融資掲示板を利用して深みにはまっていくというパターンは非常に多く発生しています。

 

警察や弁護士に頼れないリスクがある

個人融資掲示板の利用で危険なのは、運営者の情報や所在地といった記述が一切見当たらない点です。もしあっても、都道府県が記載されている程度です。利用しようとして連絡を取るときも、メールや電話、LINEを通じてやり取りされ、そこでも偽名を使っている可能性が高いです。誰がやっているのか確認できません。

 

この危険性は、被害があっても請求先がなく警察でも動きようがないという点です。個人間の取引と言い張られたら法律の出番もありません。そのため、弁護士に頼ることもできないということになりがちです。

 

完全に自己責任となって、被害にあってもすべて自分で乗り切らなければならない事態になりかねません。ネットの匿名性を利用した悪質な犯罪行為に巻き込まれないように注意しましょう。

 

よくある詐欺パターン

押し貸し

詐欺パターンとして多いのが「押し貸し」です。口座に勝手に振込をして、その利息を請求する手口です。掲示板で相談してLINEなどでやり取りするだけなので、たいしたことはないだろうと思っている人を騙すのに使われる手法です。

 

借りた覚えはないと言っても通りません。無理やり借りたことにさせられ、その利息を取ろうという手口です。しかもこのときの利息は法外なものであることが多いです。

 

最初は善意の第三者を装ってスムーズに取引をしておき、返済もしたと思った途端に押し貸しが始めることが多くあります。個人を装っていたときには金利は高くせず、押し貸しを始めると金利を異常なレベルに引き上げるということもあります。

 

法外な金利

貸金業法では、上限金利は年率20.0%です。10万円を借りると年間で2万円の金利というのが貸金業のルールです。個人間の借入では109.5%が上限金利と法律で定められています。

 

10万円を借りると1年で10万9500円の利息が付きます。これだけでもかなりの利息が発生していますが、これをさらに上回る利息を請求されることがあります。

 

良く使われるのが「トイチ」と呼ばれる金利です。これは「10日で1割」という意味で、10万円借りたら10日後には11万円にして返済しなければならないという意味です。トイチは年利に換算すると376%です。もしこれを複利計算されると年率は3142%と大変な金利になってしまいます。

 

信じがたい金利ですが、実際にこのような金利で違法な貸付を行っている業者はまだ存在しています

 

犯罪に巻き込まれる

個人間融資の掲示板を利用して、実際には闇金融だったり違法な業者だったりしたせいで、犯罪に巻き込まれることがあります。

 

法外な利息を請求されて返済できないと分かると、女性にわいせつな行為を強制するというケースは、まるで映画かドラマのようですが、実際に起こり得ることです。女性に対して、お金を貸してあげるから代わりにいやらしい写真や動画を要求されることもあります。

 

そういった写真や動画を渡してしまったとき、それにつけ込んで個人情報を聞き出して性犯罪やストーカーの被害にあう可能性もあります。

 

男性であれば妻や恋人、妹や娘などがターゲットになる危険もあります。このような危険が個人間融資掲示板には潜んでいるため、おかしいと思ったらすぐに取引を中止しましょう。そのときにキャンセル料を請求されることもあります。

 

掲示板を使わずにお金を借りよう

個人間融資掲示板を使ってお金を借りるのは非常にリスクが高い行為です。消費者金融業者や銀行からの融資を受けられないがどうしてもお金を借りたいというときには、別の方法を採りましょう。

 

多少時間はかかりますが、公的な支援に頼るという方法もあります。また信頼できる友人から正式なやり方でお金を借りることも検討しておきましょう。

 

公的な支援制度を利用する

国や自治体はお金に困っている人を対象に様々な支援制度を用意しています。実際には消費者金融業者などに頼る前にこういった方法を採るのが最も安価にお金を借りられます。

 

あまり知られていませんが、お金が足りないと思ったときには真っ先に利用すべきものです。

 

自治体によって多少の違いはありますが、次の6つの制度が挙げられます。

 

生活福祉資金貸付制度

生活費に困っている人が自立できるようにサポートするための支援制度です

 

住宅支援給付

住宅を喪失しているか、または喪失するおそれのある人を対象に住宅を確保することを目的とした給付制度。給付ですので返済の義務があり

 

求職者支援制度

失職・失業などで仕事がなく経済的に困難な状態になった人のための支援制度です。

 

年金担保貸付制度

年金を担保としてお金を借りることができる制度です。貸付ですので返済の義務があります。

 

教育ローン

教育費の支払いが困難な世帯向けの公的融資です。子供の学費だけなく、就職のための資格に取得にも利用できることがあります。

 

生活保護

最低水準よりも下回る生活を送っている人に対する公的な支援です。

 

この他、自治体ごとに設置されている生活支援制度があります。

 

市役所にはケースワーカーがいますので相談に行ってみましょう。お金に困っていることや、どうしたら解決できるかなどの相談に乗ってくれます。その人の経済状況に合わせた支援を考えてくれます。

 

友人から借用書付きで借りる

もし信頼できる友人、お金の相談ができる友人がいるなら思い切って借金を申し込んでみましょう。出資法では個人間のお金の貸し借りでは上限の金利は年率109.5%です。これを超える金利の契約をした場合には罰則も設けられています。

 

友人に借金を申し込むときには、お互いの今度のために借用書を交わしましょう。これは裁判になったときに証拠となるだけでなく、お互いの信頼を損なわないための手段です。

 

書式はお金を借りる人と貸す人双方が納得するものであれば良いとされており、簡単なメモ書きでも構いません。必要な項目は以下の6つです。

 

  1. 元金の金額(借りるお金)
  2. 利息(年率109.5%を超えないこと)
  3. 返済日
  4. 返済方法
  5. 遅延損害金(返済日に遅れたときに支払う金額)
  6. 不払いのときの取り決め

 

お互いが納得したら、必ず手書きで署名しましょう。捺印もしたほうが書類としての確実性があります。

 

消費者金融業者の温情融資

消費者金融業者には「温情融資」という制度があります。

 

有名なのはプロミスで、審査に通るかどうか怪しいときや審査項目の状態が悪い人にも貸付を行っています。総量規制に抵触しているために、これ以上借りることができないときでも利用可能です。法律上も緊急の貸付として認められている行為です。

 

アコムやアイフルといった大手の消費者金融業者なら、その人の経済状況をヒアリングしたうえで温情融資をしてくれる可能性があります。

 

借入できるのは多くても5万円までとなっており、あくまで「つなぎ融資」です。お金が足りないのに返済日が迫っているが、その1回を乗り切れば後は給料などの収入によって返済が滞りなく進むなどといったときに利用するものです。

 

温情融資は通常は1回だけ、返済は翌月1回払いであることが多いと覚えておきましょう。

 

業者としても、利用者に恩を売っておき、後からユーザーとなってくれる可能性があると見込んで温情で融資してくれます。インターネットや無人契約機ではなく、リアルな店舗に行って担当者と直談判するのが有効とされています。

 

まとめ

掲示板を使ってお金を借りるのは非常に危険な行為です。

 

詐欺にあう可能性が高いですし、個人情報を売られるリスクもあります。他にもお金を借りる手段はありますので検討しましょう。