生命保険料を滞納してから失効までの流れ

生命保険料を滞納してから失効までの流れについて調べてみました!

生命保険というのは、被保険者が亡くなった場合や寝たきりになった場合に契約した保険金を受け取ることができる、万一の時の備えという意味合いの強い商品です。

 

緊急時には非常に頼りになる存在なのですが、備えということは今現在絶対に必要なものではないとも言え、経済的に苦しい状態になれば保険料の支払いを後回しにしてしまう人も珍しくありません。

 

生命保険料の支払いを滞納してしまうとどうなるのか、どうしても支払いが難しい場合はどうすれば良いのかなどを知り、滞納してしまった場合に備えておくことも大切です。

 

失効になってしまう入金猶予期間

生命保険料は、契約内容によって払込の方法が異なります。

 

  • 毎月支払うタイプ
  • 半年や1年分をまとめて支払うタイプ
  • 一生分の生命保険料を一括して支払うタイプ

など様々あります。

 

どれくらい滞納すると失効してしまうのかは支払方法や保険会社の規定などによっても異なりますが、一般的には月払い契約の場合で約2ヶ月以上生命保険料が滞納されると失効扱いとなるケースが多いです。

 

本来の生命保険料支払日を過ぎてもすぐに失効されるわけではなく、1ヶ月程度の払込猶予期間というものが設定されています。

 

この猶予期間を過ぎてしまうと本格的に失効となってしまうので、本来の支払日だけでなく猶予期間がいつになっているかにも注意が必要です。月払いの場合は翌月の月末は猶予期間になっているのですが、半年払いや年払いの場合は生命保険料の額が大きくなるので、本来の支払日の2ヶ月先まで猶予期間とされています。

 

生命保険が失効してしまうと、その後に万が一の事態が起きても当然保険金を受け取ることはできません。病気や怪我で入院してしまった場合も、入院給付金などの特約も受けることができないのでリスクが高くなります。

 

猶予期間を過ぎたらすぐに失効?

生命保険料を滞納してしまった場合、設定された猶予期間を1日でも過ぎてしまえばすぐに失効になるかというと、そうとも限りません。生命保険には、商品の種類によって解約返戻金というものが付帯しているものがあります。

 

自動振替貸付制度とも呼ばれるもので、契約者が申し出などをしなくても自動的に保険会社が行ってくれます。

 

解約返戻金が十分にあれば、しばらくは失効を免れることができるのです。ただ、これは一時的な建て替えなので、生命保険料に該当する金額に対して利息が発生します。滞納分を支払う際には、この利息までまとめて支払わなければならないので注意が必要です。

 

解約返戻金が無かったり足りなくなるとやはり失効してしまいますが、失効後約3年以内であれば審査を受けることで契約を失効前の状態に戻すこともできます。これは復活と呼ばれる制度で、実施するためには滞納していた生命保険料を延滞金や利息なども含めて一括で全て支払い、健康状態に問題がないことなど様々な条件もあるので保険会社に問い合わせるようにしましょう。

 

支払いが困難な場合

生命保険料を滞納してしまっても即失効してしまう訳ではありませんが、仮に失効を免れたとしても保険料の支払いが引き続き難しいというケースもあります。この場合は一時的な保険料立て替えに頼るのではなく、根本的な解決策を考える必要があります。

 

解決策としてまず挙げられるのは、生命保険料の金額を引き下げるということです。毎月2万円必要になっている場合、半分の1万円になれば何とか支払えるという人もいるでしょう。保険料を引き下げるには、契約内容を見直して不要な保障を外すことが大切です。

 

例えば死亡保障で3,000万円付けている場合、子供がいないのであれば1,000万円でも十分ですし、入院給付金特約などすぐには必要ない特約をいくつも付けている場合は全て外すか減額してしまいましょう。

 

家族構成や体調などによって必要となる保障はそれぞれの家庭で異なりますが、保険料を無理なく支払っていける範囲に抑えることも非常に重要です。万一の時の備えのために、今の生活をひっ迫するようでは元も子もありません。どのように内容を見直せばよいのか分からない場合は、遠慮なく保険会社に相談してみましょう。

 

保険会社を替えるチャンス

保険会社や担当者とどんなに話しても満足に生命保険料を抑えられなかったという場合は、次は生命保険会社そのものを変えることも視野に入れておきましょう。最近は一般的な生命保険会社とは別に、インターネット上で全てのやり取りを完結できるダイレクト通販型の生命保険も普及しています。

 

インターネット通販型は店舗を持たないため人件費を節約できる分、同じ保障内容でも大きく保険料を抑えることが可能になります。

 

また、外資系の生命保険会社も保険料の安さでは定評があるので、様々な保険会社からパンフレットなどを取り寄せて検討していくことが大切です。予算に応じて適した保障内容や保険会社を提案してくれる業者なども存在するので、そういったものをうまく活用していきましょう。

 

多くの生命保険会社では、保険を契約してから3年から5年ほど経つと多かれ少なかれ解約返戻金が発生します。

 

これを頭金として、新しく契約する保険会社に一定額を先に支払っておくことで、毎月の生命保険料をさらに抑えることもできます。保険の解約にはそういったメリットもあるので、保険会社を変えるチャンスとして情報収集してみるのも良いでしょう。

 

無料相談してみる

生命保険料を無理なく支払うためには保障内容の見直しが重要とは言っても、保険というものは非常に複雑で分かりにくく、詳しくない人が自分で判断を下すのは難しいとも言えます。このように感じている場合は、思い切ってファイナンシャルプランナーなど保険のプロに相談してみるのも効果的です。

 

生命保険会社に勤務している人はこの資格を取得していることも多いですが、勤務している会社をどうしても勧めてしまうものです。全ての保険会社を公平な目で見て最適な商品や契約内容を選別してもらうためにも、会社に所属しているプランナーではなく独立系の事務所や保険取扱店のプランナーに相談したほうが良いでしょう。

 

最近は商業施設などにもこういった独立系のサロンが出店されていることが多いですし、インターネットでもファイナンシャルプランナーに無料相談できるサイトが存在します。無料と聞くと怪しく感じますが、そのサイトを通して保険会社に問い合わせや契約を申し込むと、そのサイトに手数料などが支払われる仕組みになっています。

 

つまり無料サイトであってもプランナーも本気でプランニングしてくれるということなので、安心して必要な情報を得ることができます。

 

出来る手は早めに打つ

生命保険料の支払いが難しく、支払いを滞納してしまう場合は、保障内容を減額したり保険自体を切り替えるなどの対策が必要となります。自分で判断するのが難しければファイナンシャルプランナーなどの専門家にアドバイスを貰うのも効果的ですが、そういった様々な対策を行っても保険料の支払いが負担だと感じる場合は、共済に変更してみると良いでしょう。

 

共済は一般的な保険と比べると保障内容がかなり薄くなってしまいますが、その分月々の保険料は低く抑えることができます。契約内容にもよりますが、毎月1,000円から5,000円ほどで様々な保障を選ぶことができるので、家計への負担はかなり減らすことができます。

 

サービスや安心感といった面では一般の保険会社より劣ることもありますが、やはり毎月の保険料を少なくできるというのは大きな魅力です。現在の保険が失効して保障の切れ目が発生してしまうことのないように、切り替えを検討している場合は早めに情報収集したり契約手続きを始めることが大切です。

 

万一の事態に備えて、できることは何でも早め早めに動いておくようにしましょう。