キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違いって何?

近年、キャッシングやカードローンが便利に簡単に利用出来ることで人気が高いですが、この二つの違いとは何でしょうか。

 

キャッシングは、クレジットカードなどを利用して、銀行などの窓口やATMなどからお金を引き出すサービスのことです。 引き出せる金額は、契約内容によって決まっていて申し込みのときには審査があります。

 

ATMなどからお金を引き出す行為は、自分の預金口座からお金を引き出すことに似ていますが、キャッシングはあくまで借金なので利息を付けて返済する必要があります。

 

返済方法は、翌月一括払いが一般的ですがリボ払いなどの分割払いもあります。

 

一括の場合だと、利息が安くなりますが負担が多いです。 逆に、分割だと返済の負担は減りますが利息がその分かかってくるので総額返済金額が多くなります。

 

また、カードローンとはほとんどキャッシングと同じで、クレジットカードやキャッシングカードなどで窓口やATMなどからお金を引き出して借りることが出来ます。 契約によって限度額が決まっていて、その限度額内なら何度でも自由に現金を借りたり返済できるようになっています。

 

そして、大きな違いは返済方法です。

 

分割払いが一般的になっていて、毎月の負担が少なく返済が出来るようになっています。 特に大きな金額の場合は、分割でないと無理なことがあるのでその場合は分割にするとよいでしょう。 分割にすると、長期間返済しなければならず利息もかかります。

 

キャッシングでは、一括払いできるような金額や一括払いにした方が利息の負担少ない時に利用し、ローンは一括払いが難しい大口の金額の場合に利用するとよいでしょう。