ビジネスローンはおすすめできない?銀行カードローンのほうがお得!

ビジネスローンと銀行カードローン

個人で事業を営んでいる人は、事業資金が必要になったり、取引相手に納入するお金を急に用立てなければならなくなったりと、何かと金策に回ることが多くなります。そんなときは、公的機関や銀行を頼りにすることもあるでしょう。ところが、融資を受けるには審査が必要で、これにいささか時間がかかります

 

それに比べて、ビジネスローンなら、即日に融資をしてくれるところもあり、急場をしのぐのに都合がいいです。総量規制の対象にもなっていないというところも借りやすいところです。

 

そうはいっても、金利は高めなので、プラス面ばかりではありません。いざ借り入れをしようと考えるのなら、銀行カードローンとビジネスローンとどちらがいいのかよくよく検討しなければなりません。これからビジネスローンを利用する利点とマイナス面を解説するので、参考にしてください。

 

ビジネスローンは総量規制の対象外でスピード融資可能!

会社を経営している人や個人で事業を営んでいる人専門のローンがビジネスローンです。

 

公的機関や銀行からの融資は、実際に借り入れができるまでかなり待たされます。急ぎの場合は、ビジネスローンが便利です。

 

ビジネスローンにはカードローンと共通点があります。両方とも担保や保証人が必要ないのです。そして、融資実行までが早いのが特徴です。ビジネスローンについて詳しく説明してみましょう。

 

 

素早い借り入れも可能

事業に資金が必要になった場合、いくつか検討すべき方法があります。

 

  • 日本政策金融公庫にあたってみる
  • 銀行や信用金庫などからお金を借りる
  • カードローンで借り入れる
  • ビジネスローンを利用する

 

日本政策金融公庫を利用するメリットは金利の低さです。カードローンよりもずっとお得です。ただ、日本政策金融公庫や銀行から融資を受けるには、審査結果が出るまで時間を要します。

 

手っ取り早く借り入れをしようと思ったら、ビジネスローンやカードローンのほうがいいです。その証拠に、即日融資をしてくれる消費者金融のカードローンはたくさんあります。ビジネスローンも、ORIX CLUB CARDやプロミス自営者カードローンなら即日対応です。急ぎの出費にはビジネスローンやカードローンのほうが合っています。

 

 

カードローンとビジネスローンはどう違う?

カードローン、ビジネスローン双方とも担保・保証人は要りません。それぞれ即日融資もありえます。では、どこが違うのかというと、総量規制が適用されるかどうかです。

 

ここで注意点があります。消費者金融のカードローンから借り入れをする場合は、総量規制が課せられます。一方、同じ消費者金融が提供しているローンでも、ビジネスローンなら、その制限は受けません。

 

事業性資金を借りる場合は、総量規制を気にしなくてもいいのです。したがって、消費者金融のカードローンに比べて、ビジネスローンのほうが限度なく借り入れができるというメリットがあります。

 

総量規制について、簡単に解説しておくと、貸付額を利用者の年収の1/3まで抑えるようにという取り決めですが、あちこちから借り入れをしている場合は、その合計額が対象になります。銀行のカードローンには適用されないルールです。

 

 

ビジネスローンは金利面がちょっと厳しい

 

金利という点では、ビジネスローンは割高です。最高金利はカードローンと同じくらい。最低金利はやや高めです。

 

どういう風に申し込むのか?

ビジネクスト ビジネスローンの場合の申し込みを方法を見てみましょう。

 

まず、WEBで申し込んで、仮審査を受けます。仮審査に合格すれば、必要書類を郵便かファックスで送付し、その後の本審査の結果次第で、契約となります。契約も店舗へ行く必要がありません。

 

必要書類は、個人事業主か法人経営者かによって違います。共通するのは本人確認書類です。そのほか、前者は2年分の確定申告書が必要で、後者は登記事項証明書や2期分の決算書を用意することになっています。

 

なお、ビジネスローン契約時に印紙代が要ります。

 

ビジネスローンを比較するときの注意点

いざビジネスローンで借り入れをしようと思ったときは、銀行はもちろん、消費者金融や信販会社、ビジネスローンだけに特化した会社など利用できるところはいろいろあります。

 

では、どのようなところに注目して、選んだらいいのかというと、まずは金利です。次に、融資までの期間です。これらを含めて、押さえておくべきポイントがあるので、並べてみましょう。

 

  • 借入限度額
  • 個人事業主が利用できるか、それとも法人経営者だけか
  • 店舗へ赴く必要があるか
  • お金を振り込んでくれるか
  • ATMを利用して、借入から返済まで可能か

 

 

自分に合ったビジネスローンを利用しよう

上記の条件で気を付ける点は、まず個人事業主も対象にしているかどうかです。

 

都市銀行のビジネスローンは、法人のみを対象にしているものが多いので、個人事業主には縁がありません。銀行を別にすれば、個人事業主でも申し込みできるサービスも結構あります。それでも、業歴が2年以上というルールが設定されていることがあります。

 

  • 三菱東京UFJ銀行 融活力 法人のみ対象
  • 三井住友銀行 ビジネスセレクトローン 法人のみ対象
  • 東京スター銀行 スタービジネスカードローン 法人と個人事業主の両方とも対象

 

この点を押さえたとしても、融資までのスピードや融資額が予想していたケースと違うということもあります。仮に個人事業主まで利用できるビジネスローンでも、そのほかのポイントで満足がいかなければ、融資を受ける意味が減じてしまうので、詳しいことを確かめておいてください。

 

銀行のビジネスローンは、申し込みから審査、融資実行までかなりの期間があります。急な資金が入用の場合は、消費者金融や信販会社のビジネスローンのほうが利用しやすいです。

 

これも具体例を見てみましょう。

 

ORIX CLUB CARD 

  • 即日で審査結果が出て、融資が可能  
  • 利用限度額は最大500万円

 

ビジネクスト ビジネスローン

  • 審査結果が出るまで3日くらいかかります
  • 利用限度額は最大1,000万円

 

プロミス自営者カードローン

  • 即日で審査結果が出て、融資が可能
  • 利用限度額は最大300万円

 

 

どこのATMが使えるのかも調べておこう

借り入れや返済時に店舗まで行かなくて済めば助かります。そういう意味で、どのATMが使えるのかはかなり重要です。それぞれ比較してみましょう。

 

ORIX CLUB CARD

  • 契約時に店舗まで行く必要がありません
  • 三井住友銀行ATM(手数料無料)、ゆうちょ銀行ATM(手数料無料)、セブン銀行ATMなどを利用できます

 

ビジネクスト ビジネスローン

  • 契約時に店舗までいく必要がありません
  • 利用ができるATMは、セブン銀行ATM、東京スター銀行ATM(借入のみ)、アイフルATMなどです

 

プロミス自営者カードローン

  • 店舗まで行くか自動契約機を利用します
  • 三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、プロミスATMなどが利用可能です

 

ORIX CLUB CARD、ビジネクスト、プロミス自営者カードローンなら、借入金額を振り込んでもらえるので、使い勝手がいいです。

 

 

ビジネスローンより不動産担保ローンや銀行カードローンが有利

ビジネスローンのメリットを簡単にまとめてみると、担保や保証人が必要ないことや早ければ即日融資が可能なこと、WEBで申し込んで、来店をしないでも契約ができること、しかもATMで借り入れ・返済が可能な場合が多いことなどがあります。しかし、これらはカードローンにも見られる特徴なので、特筆すべきことではありません。唯一挙げるとすれば、総量規制に縛られない点が大きなメリットです。

 

いろいろと不便なこともあります。大手都市銀行のビジネスローンは金利の低さが魅力ですが、法人のみを対象にしていることが多いというのが難点です。審査結果が出るのにも時間を要します。それならば、個人事業主が利用できて、審査期間も短いビジネスローンにすればいいのではと思われるかもしれませんが、今度は金利が高いというマイナス面が出てきます。

 

となると、ビジネスローンではなく銀行カードローンや不動産担保ローンのほうがよさそうに見えます。実際はどうなのか見てみましょう。

 

 

銀行カードローンは使途自由だが、事業資金には使えない

三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンの特徴を見てみると、ビジネスローンよりもいいことがあります。それが金利の低さです。

 

まず、三井住友銀行カードローンは、金利が年4.0〜14.5%です。みずほ銀行カードローンは、金利が年3.0〜14.0%。

 

これに対して、ビジネスローンのほうを見てみると、ORIX CLUB CARDが年6.0〜17.8%です。ビジネクスト ビジネスローンは、年8.0〜18.0%となっています。

 

こうして比べると、銀行カードローンのほうがずっとお得です。しかも、総量規制が適用されないので、年収の1/3超借り入れができます。融資までの期間も素早いです。即日融資に対応しているところもあります。

 

ただ、残念ながら、銀行カードローンは事業資金に利用できないことが多く、設備資金等には回せません。あくまでも生活に必要なお金を借りるという名目です。
参照:銀行系カードローン

 

不動産担保ローンという手も
不動産を持っている人に限られますが、不動産を担保にして融資を受けられます。

 

こちらは担保が不動産という高価値なものになるので、低金利で多額の借り入れができます。しかも、事業資金に利用しても構わないのです。

 

ビジネスローンよりもずっと好条件でお金を借りられる不動産担保ローンですが、デメリットも当然あります。まず、手数料をはじめ諸費用が掛かる点です。契約時にある程度のお金を準備しておかなくてはならず、金利が低いとは言っても、得になるとまでは言い切れません。

 

また、融資まで1か月前後待つ必要があります。いろいろな手続きに手間と時間が掛かるからです。さらに、返済不能に陥ると、不動産を手放さなければならなくなります。

 

これらのデメリットはありますが、金利の低さなどの条件面を考えると、利用価値はあります。

 

ビジネスローンのFAX案内に注意!詐欺業者の手口

事業を経営していると、いろいろな広告やお知らせが飛び込んでくるものです。たとえば、ビジネスローンの宣伝をするファックスやeメールです。

 

もちろん、これまでに利用経験がある銀行や消費者金融のビジネスローン案内なら、さほど心配には及びません。何かの機会にまたご利用くださいということなのでしょうから、参考までに読むだけです。

 

ところが、今までに一度も取引をしたことがない業者で、やたらと好条件のうたい文句で誘ってくるものには気を付けなくてはいけません。例を挙げてみましょう。

 

金利1.0%、融資額1000万円とか3000万円などの誘い文句が案内に掲載されていたら、信用してはいけません。そんないい条件のビジネスローンなどありえないからです。詐欺商法の典型なので、絶対に利用すべきではありません。

 

うっかりこんな話に乗ってしまうと、高額な手数料や保証料を奪い取られることにもなりかねません。いったんこれらのお金を振り込ませれば、あとは行方知れずなんてこともありえます。もちろん、融資をすると言っていたことは、まったくのでたらめで、そんな気は毛頭ないのです。

 

別なケースでは、逃げ隠れするわけではないにしても、低い金利で誘惑し、それから法外な手数料や保証料を要求してくる業者がいます。最終的には、とんでもない損をすることになります。

 

得体のしれない業者からビジネスローンの案内のファックスやeメールが送られてきたら、取り合わないのが一番です。

 

もし気になるようならば、貸金業登録番号をチェックすることによって、正規の金融機関かどうかの見分けがつきます。金融庁の登録貸金業者情報検索サービスを利用すれば、簡単に調べられるので、利用してみてください。

 

もう一つこれらの案内で注意することがあります。それは偽りのビジネスローンを利用するまでに至らなくても、個人情報や企業情報を流してしまうことです。特に申し込みにあたって、必要書類を送付してくださいなどという要求には答えてはいけません。

 

個人情報や会社情報をどう悪用されるかわからないからです。場合によっては、知らぬ間に詐欺行為に加担させられたり、違法な取引に巻き込まれたり、勝手に借金をされたりと恐ろしい事態にもなりかねません。

 

表面だけのきれいなうたい文句には、必ず裏があります。いい加減な業者のビジネスローンの話には、利用はもちろん、申し込み自体も絶対に避けなければなりません。

 

大半の個人事業主も法人経営者もそのへんのところは頭にしっかりと入っているでしょうが、経営状態が厳しくなったり、事業が思わしく運ばなかったりしたときは、ついうっかり手を出してしまうという場合があります。ちょっとした軽はずみが、個人にとっても企業や会社にとっても取り返しのつかないことになるので、くれぐれも慎重にしてください。

 

まとめ

ビジネスローンと銀行カードローン、他のカードローンなどとの違いを今一度おさらいしてみましょう。

 

ビジネスローンには、担保や保証人が不要です。商品によっては、即日融資も可能です。総量規制の対象にもなりませんから、借入額が年収の1/3までという制約はありません。

 

また、消費者金融などの貸金業者のカードローンを利用する場合には、総量規制が適用されますが、同じ消費者金融のビジネスローンならば、その対象にはなりません。その点は、ビジネスローンのいい点です。したがって、かなりの融資額を期待できます。

 

申し込みから契約まで、来店不要というところも多くなっています。借り入れや返済にコンビニATMを利用できるビジネスローンもたくさんあります。時間が作れなくて忙しい個人事業主や法人経営者にとって、非常に便利な仕組みです。

 

これらの項目の中で、無担保・無保証人や即日融資については、他のカードローンと特に代り映えしません。特に目立つ点は、総量規制の対象外というところです。一方、ビジネスローンの金利は銀行カードローンなどよりも高くなっています。商品にもよりますが、数%の差があります。

 

以上の特徴を考慮すると、少ない金額を借りるだけなら、ビジネスローンは金利が高い分損になります。銀行カードローンを利用したほうが、金利分だけでも返済が楽になります。銀行カードローンは使途が自由になっていますが、事業資金にだけは使えません。

 

したがって、経営が苦しいだとか事業が不振などの場合は、役に立ちませんが、それ以外の目的ならば、何にでも利用できるので、生活などで困ったときはこちらを検討してください。

 

どうしても事業資金を借りなければいけない場合は、ビジネスローンを利用するか不動産担保ローンを申し込むという手があります。

 

不動産担保ローンは、不動産という大きな価値のある担保を提供することから、低い金利で高額なお金を貸してくれます。

 

審査もそれほど厳しくはありませんが、手続きに時間を要します。返済ができなければ、担保となった不動産を手放す場合もあります。それでも、利用しやすいローンであることには違いありません。

 

それから、消費者金融のカードローンの中にも事業資金に使えるものもいくつかあります。公的機関から融資を受けることもできます。金利がかなり低く、貸付額も大きいですが、審査期間がやはり長くなっているうえに、審査はやや厳しいです。

 

それぞれにメリットやデメリットがあるので、借入をする場合は、十分にその点を検証して、申し込む必要があります。

 

例えば、急いでお金を準備しなければならないというときは、消費者金融や信販会社のビジネスローン、カードローン。それほど急を要さないということなら、不動産担保ローンや公的機関からの融資、銀行のビジネスローンなどと使い分けてください。