どうしてもお金を借りたい【今日中にお金を借りる方法ナビ】

どうしてもお金を借りたい…そんな時どうすればいい?

「どうしてもお金を借りたい!」
「今日中にお金を借りたい!」
お金に困ってしまうことは少なくないと思います。

 

またそんな時にお金が借りられない事情もあるかもしれません。

 

ここでは、どうしても今すぐお金を借りたい人のために必要な情報をお伝えしていきます。ぜひご活用してみてください。

 

 

今日中にお金を借りたい人には大手消費者金融

 

プロミス

最短1時間

 

CMでもおなじみの大手消費者金融です。消費者金融が初めての方でも、安心して利用することができます。

 

安定した収入があれば、主婦やフリーター・パートであっても審査を行うことができます。他の大手よりも金利が低いことも人気の一つとなっています。 審査は最短30分で完了し、1時間で融資することもできます。

 

30日間無利息で利用できるサービスや土日祝日も含め24時間いつでも10秒で振り込んでもらえるサービスもあります(三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要)。

 

申込方法 インターネット・スマホor携帯・電話など
即日振込 平日14時までにWEB契約が完了
審査時間 最短30分
キャッシング方法 通常の振込キャッシング 9:00〜14:50コンビニATM・提携ATM
借入限度額 500万円まで ※借入希望額が50万円を超える場合収入証明書類が必要

 

アコム

 

「初めてのアコム」でおなじみの大手消費者金融です。 キャッシングが不慣れな方でも安心して利用できます。アコムの専用ホームページでは、簡単な入力で診断ができる「3秒診断」「返済シュミレーション」のサービスがあります。

 

アコムの利用が初めてであれば、30日間無利息でキャッシングの利用ができます。

 

審査は最短30分で完了し、借入まで最短1時間で融資を受けることもできます。楽天銀行に口座を持っていれば、「振込みキャッシング」で24時間いつでも口座に融資を振り込んでもらうこともできます。クレジットカード機能が付いたカードローンも発行しており、利便性が高いといえます。

 

申込方法 インターネット・スマホor携帯・電話など
即日振込 申込み後、平日の14:00まで必要書類を提出
審査時間 最短30分
キャッシング方法 アコムATM・コンビニATM・提携ATM
借入限度額 800万円まで ※借入希望額が50万円を超える場合収入証明書類が必要

 

SMBCモビット

SMBCモビット

 

SMBCモビットは、三井住友銀行グループの大手消費者金融です。消費者金融業界で初めて「WEB完結型サービス」を行っています。

 

WEB完結型サービスであれば、電話連絡なしでお金を借りることができます。そのため会社の在籍確認などで借入を躊躇している方であれば、 SMBCモビットを利用することがいいでしょう。平日の14時50分までに契約手続きを終えていると、即日融資も可能です。

 

またSMBCモビットのローン契約機であれば、平日の15時以降や土日祝日でも審査を受けることができ、即日融資の対応をしています。

 

申込方法 インターネット・スマホor携帯・電話など
受付時間 当日振込には14:50までに振込手続完了が必要

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

審査時間 最短30分

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

キャッシング方法 提携ATM
借入限度額 800万円まで

※14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

アイフル

 

アイフルは三大大手消費者金融のひとつです。 女性専用の新規申し込みフリーダイヤルも設置してあり、女性専用の商品もあり、女性に優しい消費者金融といえるでしょう

 

アイフルの公式ホームページでは、簡単な入力で借り入れ診断ができる「1秒診断」サービスがあります。そのまま申し込むこともでき、審査は最短で30分、即日融資も可能です。

 

アイフルではローンカードを、指定した時間帯に自宅で受け取りができるサービスを行っています。 家族に知られずに自分自身がカードを受け取ることができますから、安心して利用することができます。

 

申込方法 インターネット・スマホor携帯・電話など
即日振込 当日振込は14:00までに振込手続を完了

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合があります。

審査時間 最短30分
キャッシング方法 アイフルATM・コンビニATM・提携ATM
借入限度額 800万円まで

 

どうしてもお金を借りたい人には中小消費者金融

どうしてもお金を借りたいけど、審査が通らない何らかの事情をお持ちの方でしたら、迷わずに審査が甘い中小消費者金融に相談することをおススメします。

 

中小消費者金融は、銀行や大手消費者金融よりも審査に通りやすいといわれています。もちろん審査をしないわけではありませんし、特別甘くしているわけでもありません。

 

中小消費者金融は、その地域に根付いて営業活動を行っているところがほとんどです。地域にいくつか支店や営業所を持っているところはありますが、全国展開することはできません。広告を大っぴらに出しているようなところもないでしょう。

 

それでも経営のためには顧客を集めなくてはなりません。そのためには、銀行や大手消費者金融で審査に通らなかった人に対してでも、独自審査で融資ができるようにしたいと考えているのです。

 

アロー

アローの審査&申込みはコチラ

 

融資の申し込みは、インターネット、ファックス、郵送で受付を行っています。審査回答が早いのが特徴で、フリープランの場合、最短45分で審査を行うことができ、即日融資も可能となっています。

 

キャレント

キャレントの審査&申込みはコチラ

 

24時間インターネットで申し込みができます。審査の早さが特徴で、申し込み完了までたったの3分で審査も早く、当日14時までの申し込みであれば、即日融資も可能となっています。

 

フクホー

フクホーの審査&申込みはコチラ

 

全国対応が可能で、来店不要で申し込みをすることができます。インターネット、電話から24時間申し込みをすることができます。申し込み時間によっては、即日融資することもできます。

 

セントラル

セントラルの審査&申込みはコチラ

 

関東圏に店舗を拡大している消費者金融で、発行される「Cカード」は、セブン銀行で借り入れや返済ができることが特徴です。平日14時までに申し込みするなら即日融資が可能です。初めての方であれば、最大で30日間の金利を0円で融資してもらうことができます。

 

セントラル(女性専用マイレディス)

セントラル(女性専用マイレディス)の審査&申込みはコチラ

 

女性専用の消費者金融で、対応はすべて女性スタッフなので安心です。一定の収入があればパート・アルバイトでも審査することができます。平日14時までに申し込めば、即日融資することも可能です。

 

プラン

プランの審査&申込みはコチラ

 

全国どこからでも対応することができます。24時間インターネットで申し込みができ、来店も不要です。時間によっては、即日融資も可能となっています。月々2000円から返済することができます。

 

いつも

いつもの審査&申込みはコチラ

 

全国どこからでも対応することができます。24時間インターネットから申し込みできるだけではなく、インターネットバンキングからも24時間返済することができます。最大で60日間の利息を0円で融資してもらうことができます。

 

アルク

アルクの審査&申込みはコチラ

 

24時間インターネットから申し込みができますが、振込でお金を受け取ることができず、来店できる方のみお金を借りることができます。即日融資が希望であれば、電話での申し込みで相談すればいいでしょう。

 

フタバ(レディースキャッシング)

フタバ(レディースキャッシング)の審査&申込みはコチラ

 

女性専用の消費者金融で、対応はすべて女性スタッフなので安心です。30日間の金利を0円で融資してもらうことができます。手続きは電話一本で可能で、来店の必要はありません。時間帯によっては、即日融資も可能です。

 

フタバ

フタバの審査&申込みはコチラ

 

創業50年の老舗消費者金融です。24時間インターネットで申し込みができ、14時30分までに在籍確認ができ、契約が完了できれば、即日融資もすることもできます。30日間の金利を0円で融資してもらうことができます。

 

ライフティ

ライフティの審査&申込みはコチラ

 

最短で30分で審査が完了し、当日13時までの申し込みなら即日融資することができます。初めてであれば、35日間の金利を0円で融資してもらうことができます。インターネットからでも24時間申し込みをすることができます。

 

ユニーファイナンス

ラニーファイナンスの審査&申込みはコチラ

 

東海エリアに根付いて営業している消費者金融です。FITカードの審査は最短で1時間だけで手続きすることができ、プロミスATMを利用することができますので便利です。24時間インターネットで申し込みができます。

 

.エース

エースの審査&申込みはコチラ

 

融資の申し込みは、郵送かFAXのみとなっています。公式サイトから入会申込書をダウンロードすることができます。審査が通過すれば、契約書類にて契約を行い、指定口座に融資額が振り込まれます。

 

ニチデン

ニチデンの審査&申込みはコチラ

 

審査がとても早く最短10分で、当日14時までの申し込みであれば、即日融資も可能となっています。初めての方は、100日間を利息0円で借りることもできます。融資に来店は不要で、指定の場所で受け取ることもできます。24時間インターネットで申し込みが可能です。

 

ハローハッピー

ハローハッピーの審査&申込みはコチラ

 

24時間インターネットからの申し込みができ、電話・FAXでも可能です。電話での申し込みなら対応が早く、申し込み用紙をFAXしておけばさらに審査が早くなります。即日融資にも対応しています

 

アルコシステム

アルコシステムの審査&申込みはコチラ

 

創業1983年と老舗の消費者金融です。小口融資を専門にしており、初回では上限が99000円以下となるケースがほとんどです。24時間インターネットから申し込みをすることができ、最短で即日融資も可能です。

 

スカイオフィス

スカイオフィスの審査&申込みはコチラ

 

平日の14時までに申し込みをすれば、最短30分での即日振込み融資が可能というスピードキャッシングが期待できます。24時間インターネットからの申し込みができ、来店不要で融資が可能です

 

お金を借りたいけど借りれない人は「おまとめローン」

中央リテール

中央リテールの審査&申込みはコチラ

 

「おまとめローン」をメインにしている消費者金融です。審査まで最短2時間で、融資まで最短で1日というスピードキャッシングが特徴です。複数のローン返済で悩んでいる多重債務者であれば、返済額を軽減できる可能性があります。

 

ユーファイナンス

中央リテールの審査&申込みはコチラ

 

他社での借り入れを一本化できる「おまとめローン」専用の消費者金融です。100万円から借入れが可能で、最高700万円まで融資が可能という大口融資を得意としています。月々の返済額を減らせる可能性もあります。申し込みは24時間インターネットからでき、10項目だけですので最短2分で行うことができます。

 

マンモスローン

年収の3分の1以上となっている人でも借り入れを一本化できる「おまとめローン」が専門です。100万円から借入れが可能で、最高2000万円まで融資が可能です。即日融資はできませんが、融資可能かどうかインターネットにて無記名でお試し診断を受けることができます。

 

未成年の学生でもお金を借りたい人は学生ローン

友林堂

学生ローン専門の老舗で、操業38年の消費者金融です。申込から5分〜10分で審査回答できるというスピード審査が特徴で、金融機関の営業時間内であれば即日融資も可能となっています。本人の承諾なしでは、自宅確認やアルバイト先への在籍確認をすることはありません。

 

アイシーローン

学生ローンを中心に融資を行っており、18歳以上の学生なら審査可能で、30日間利息0円キャンペーンを実施していることから人気のある消費者金融です。申し込みは24時間インターネットからできますが、新宿南口の店舗に来店すれば、一番早く手続きを行うことができます。

 

お金借りたいけど審査が通らない場合の対処法

ブラックリスト状態になっている

他社からの返済を長期にわたって滞っている状態であれば、個人信用情報機関に登録されている、いわゆる「ブラック」の状態であるといえます。

 

消費者金融は、返済されない状態であると、まずは電話やハガキなどで返済を督促することになります。その時点ではブラックになることはありません。督促を受けた時点で返済すれば、特に何の問題もありません。

 

しかしこの状態を放置してしまうと、「延滞」の状態になってしまいます。延滞の定義は、61日以上または3ヶ月以上といわれています。

 

延滞になってしまうと、個人情報機関に登録されてしまいます。するとブラックとして扱われて、借入できる限度額が減ってしまう場合や、審査が通らないことになってしまいます。

 

まずは延滞をしないように、返済管理をきちんと行うべきです。他社からの借り入れが多い場合であれば、中小消費者金融の「おまとめローン」を活用すると借金が一本化でき、返済額が減ることもありますから、相談すべきでしょう。

 

また短期間に複数の消費者金融に申し込みを行うと、「申し込みブラック」という状態となり、審査に通らなくなることがあります。

 

そのため、申し込みについては一ヶ月に3か所以上申し込むようなことを避け、申し込みブラックになってしまったのなら、登録が解除される6ヶ月を待って申し込みを行うようにしましょう。

 

総量規制オーバー

総量規制とは、年収の1/3を超えて融資できないというルールのことをいいます。少額で借りていたとしても、借金が増えていく中で総量規制をオーバーしてしまうことがあります。

 

総量規制をオーバーしてしまうと、基本的に消費者金融ではお金を借りることはできません。この状態で貸し付けを行ってしまうと、貸金業法違反になってしまうからなのです。最悪、営業停止になってしまうこともあるのです。

 

ただし、この総量規制は借りる側の人が何らかの罰則を受けるものではありません。中には総量規制以上を借りている人も間違いなくいます。

 

この総量規制は銀行からの借入は含まれないことになっています。総量規制をオーバーしているとしても、銀行からの借入を含めているとしたら、消費者金融でお金を借りることができる可能性がありますから、相談すればいいでしょう。

 

無職や個人事業主など収入が不安定

無職の人であれば、消費者金融からはお金を借りることはできません。なぜなら消費者金融は基本的に不動産などの担保がなくても融資をしている代わりに、労働力や収入を担保に融資を行っているからなのです。

 

無職の人であるならば、まずは安定して収入を得るために、就労すべきです。仕事と収入が安定しているのならば、お金を借りることができるでしょう。

 

正職員として就職が難しい場合は、アルバイトやパート、派遣職員、日雇労働者でもお金を借りることができる可能性があります。どんな働き方であっても、収入が安定しているのであれば、その収入に見合ってお金を借りることができるでしょう。

 

個人事業主の場合は、収入があるとしてもサラリーマンほどの信用はありません。仮に年収はそこそこ高いとしても、限度額は低くなってしまうことも多くあります。

 

もしも個人事業主であれば、最初は少額から申し込むようにすればいいでしょう。また収入証明書を提出すれば、審査に通ったということもありますから、まずは相談してみるといいでしょう。

 

高校生や大学生

 

基本的に、未成年は消費者金融でお金を借りることはできません。これは民法という法律で定められていることで、未成年は契約行為が認められていないからなのです。

 

ただし未成年でも結婚した場合であれば、「成年擬制」といって、成人に扱われるようになります。法律上では問題なく、契約行為を行えるようになります。

 

また未成年でもお金を借りることができるものに「学生ローン」というものがあります。これは中小消費者金融の一部が行っているサービスですが、アルバイトで収入がある大学生が利用することができます。

 

この学生ローンは、18歳であるとしても高校生や予備校生が利用することはできません。

 

学生ローンは親の承諾書などは必要ではありませんが、返済できないような場合は、自宅に連絡が入ってしまう可能性がありますから注意は必要です。

 

母子家庭

母子家庭を支えておられる方は、子供の養育費や教育資金など、急に大きなお金が必要になることも少なくありません。そんなときには、どうしてもお金を借りなければならないこともあるでしょう。でも「母子家庭だから」とお金を借りることができないと考えている人もおられます。

 

母子家庭はお金を借りにくいといわれることがありますが、もはや都市伝説だといえます。

 

そもそも消費者金融は、審査の際に家庭環境については問題ではなく、安定した収入があるかどうかが問題になってきます。母子家庭・シングルマザーという理由だけで審査に落ちるようなことはありませんから、その部分についてお悩みであれば安心頂きたいと思います。

 

中小消費者金融の中には、レディースキャッシングと呼ばれる女性スタッフが対応している、女性のための消費者金融が存在します。消費者金融を利用したいけれど、どうも行きづらいという人であれば、女性専用の消費者金融を利用するといいでしょう。中には、来店することが不要であったり、即日融資が可能である消費者金融もありますので、活用してみるいいでしょう。

 

フリーターやパート、派遣

フリーターやパートタイマー、派遣職員であれば、消費者金融でお金を借りることができないと考えている人がいます。しかし、雇用形態だけで審査が行われるものではありません

 

消費者金融などでの審査は、収入がどれくらいあって、安定した収入があるのかどうかが融資の判定基準の一つとなります。そのため、アルバイトやパートよりも正職員として勤めている人の方が審査に有利であることは間違いありません。

 

しかし、アルバイトやパート、派遣である場合でも、安定した収入があるとしたらお金を借りることができる可能性は高くなります。長く勤めている場合であれば、さらにそのチャンスは広がるでしょう。

 

収入が低いということであっても、安定して働いているのであれば、諦めずに相談してみることをおススメします。

 

もしも審査に通らないということであれば、希望額を少額にしてみることで通る可能性があります。またそれほど長く働いていないのであれば、最低でも6ヶ月、できれば1年間は働き続けてからにすると、審査に通る可能性が高くなります。

 

自己破産や債務整理中

自己破産や債務整理中であれば、銀行や大手消費者金融では基本的にお金を借りることはできません。これは個人信用情報機関に登録されてしまうことが原因です。つまり「ブラック」な状態となってしまうからです。

 

自己破産や債務整理中であれば、多くの人は「もう二度とお金を借りないようにしよう」と決意します。それでも、お金が急に必要になることもあると思います。

 

そもそも自己破産や債務整理中にお金を借りることがダメだという制度があるわけではありません。また自己破産や債務整理したからといって、二度とお金を借りることができないわけでもないのです。

 

仮に自己破産していたとしても、5年が経過していれば個人信用情報からは削除されることになりますし、自己破産や債務整理中ということはある意味他社からの債務がなくなっている状態ですから、安定した収入があれば借りれる可能性は出てくるわけです。

 

それでも今まで借りていた消費者金融では審査は通らないでしょうし、大きな額でも審査に通ることはないでしょう。その点に気を付けて、審査に通りやすい中小消費者金融に相談してみるべきです。

 

即日でお金を借りたい場合でも

闇金は絶対利用してはいけない

どんなにお金に困っているとしても、どんなに急いでお金が必要であるとしても、闇金には絶対に足を踏み入れてはいけません。絶対に身ぐるみはがされて、身の破滅を迎えてしまうことになるからです。

 

何かしらの理由で一般の消費者金融の審査が通りにくい状態である人は、つい甘い言葉で勧誘してくる闇金からお金を借りてしまいます。「無審査」「ブラックOK」「即日融資可能」と、お金に困っている人であれば、喉から手が出るような甘いサービスがあるからです。

 

しかし冷静になってよく考えてみてください。他社ではお金を貸してくれないような人に「無審査」で貸すことがあるでしょうか。さらに「即日融資」ができるでしょうか。

 

彼らはそんなリスクがあるとしても、返済してもらえる自信があるから融資するのです。

 

闇金の特徴は「法外な利息」「厳しい取り立て」であるといえます。

 

利息については、法定金利である18%を守っているところはなく、100%を超えることが一般的です。十一(といち)と呼ばれる10日で1割の利息であれば、年利100%を超えますし、十三(とさん)となれば、1000%を超えてきます。10万円を1年借りると金利だけで億を超えますから、返済できるわけがありません。

 

取り立てについても、法律を守ることはなく、人の嫌がる早朝や深夜、職場への連絡、近所に言いふらす、玄関に大きく張り紙、などを平気でしてきます。

 

掲示板の利用はとても危険

 

最近、インターネットにおいて「個人間融資のための掲示板」を見かけるようになりました。実際にこのような掲示板を見てみると、一般の人から「少額ならばお金を貸します」「ブラックでも大丈夫です」などと書き込まれているものがあり、また「どうしても5万円が必要なので貸してください」などと書き込んでいる人もいます。

 

実際に書き込まれているものは、個人名ばかりですが、闇金の温床になっていますから注意が必要です。甘い言葉には乗らないようにしてください。

 

中には使っていない銀行口座を買い取って融資するという、犯罪行為を行っているところも多くあります。「使ってない口座なら」などと思わないようにしてください。口座の売買は「犯罪収益移転防止法」違反の犯罪となります。

 

その口座が犯罪に使われてしまった場合、口座の名義人も逮捕されることにもなりますから、安易に口座の売買はしてはいけません。

 

決して掲示板を利用して、お金を借りてはいけないのです。

 

お金を借りたいときにおススメする相談場所

 

市役所

お金に困った際に、実は頼りになるのが市役所など「行政機関」です。
実は、借金などで困っている人が、生活を立て直すために必要なお金を貸してくれるという制度があるのです。

 

  • 「総合支援資金貸付制度」
  • 「生活支援資金貸付制度」

 

と呼ばれるもので、どちらも市町村社会福祉協議会で受付を行っています。恐らくどの地域でも市役所など役場付近に設置されていますから、すぐに見つけることができるでしょう。

 

どちらも連帯保証人を立てる場合であれば無利子で、連帯保証人を立てなかった場合でも年1.5%という低金利でお金を借りることができます。

 

単身者は月額15万円まで、2人以上世帯であれば月額20万円までで、最長1年まで借りれます。また生活再建に必要なお金であれば60万円まで、緊急の場合10万円まで融資が可能です。

 

就業する必要があることや、低所得者であるなどの条件はありますが、審査自体はそれほど厳しいものではありませんから、まずは相談に行くといいでしょう。

 

郵便局(ゆうちょ銀行)

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法があります。「財形貯蓄」「定期貯金」をしている場合であれば、可能なサービスです。

 

財形貯蓄には、

  1. 財形定額貯金
  2. 財形年金定額貯金
  3. 財形住宅貯金

があります。

 

これらを利用しているならば担保にしてお金を借りることができます。

 

残高+利子した金額の90%が範囲内となっています。

 

「定額貯金」に加えて「定期貯金」の利用があれば、これらを担保にして300万円までの範囲内で融資を受けることが可能となっています。

 

郵便局(ゆうちょ銀行)で国債を購入した人であれば、個人向け国債もしくは利付け国際の80%まで(200万円まで)お金を借りることができます。

 

ゆうちょ銀行の「カードローン」を利用することもできます。最高500万円(初回300万円)まで借りることができ、最低返済額は3000円からとなっていますので、ゆとりを持って返済することができます。年利も7.0%〜14.9%までとなっていますので、消費者金融よりは低い金利であるといえるでしょう。

 

親や友達

 

どうしてもお金を借りるところがない場合や、すぐにお金が必要であるならば、最後の手段としては親や友人に頼るのが一番です。

 

とはいえ、お金の貸し借りは人間関係に亀裂が入ってしまうことにもなりかねません。特に親戚や友人からお金を借りる場合については、どのようなリスクがあるのかもしっかりと考えておかねばなりません。

 

中には、心配して貸してくれる人もいるでしょう。もちろん約束通りに返済しなければなりませんが、返済したとしても関係が悪くなってしまうこともあります。

 

特に親や友人などからお金を借りる場合には、口約束だけになってしまうことがほとんどです。「また次にあったときにでも返してね」などと、曖昧な約束になってしまうこともあるでしょう。

 

次に会う機会がそれほど直近にない場合であれば「いつまでも返済してもらえない」とトラブルになってしまうこともあります。

 

身近な人から借りる場合には、必ず「いつ返すか」をはっきりと約束し、できれば借用書を作成しておくことをおススメします。

 

即日でお金を借りたいなら大手消費者金融に相談を

大手消費者金融でお金を借りるには

即日でお金を借りたいなら大手消費者金融に相談することをおススメします。大手消費者金融ならば街中にもたくさんありますし、テレビCMなどで見かけることも多いでしょう。

 

大手消費者金融では、複雑な手続きなどは必要ではなく、24時間インターネットから申し込みをすることができます。

 

早ければ審査は30分程度で終了し、1時間ほどで融資を受けることもできます。

 

金融会社からキャッシングカードが発行されれば、わざわざ窓口に出向く必要はなく、ATMや専用のキャッシュディスペンサーでお金を借りることができるようになります。

 

中小消費者金融よりも金利が安くなっていますので、返済にもゆとりが持てるでしょう。

 

土日でもお金を借りたい

大手消費者金融では、土日や祝日においても30分で審査を行い、即日融資してくれるところもあります。審査の時間や融資までの時間がほかの金融機関と比べても断然早いですし、即日融資を希望する人であれば、間違いなく大手消費者金融を選ぶといいでしょう。

 

ただし14時までなど時間が限定されているところもありますから、注意が必要です。

 

地方銀行でお金を借りたい人は地方銀行カードローン

地方銀行でのカードローンのメリット

カードローンには、消費者金融だけではなく、銀行が発行しているものもあります。

 

特に銀行系のカードローンであれば、消費者金融よりも利息が低いことや総量規制(収入に対する借入の割合)の対象にならないということがメリットであるといえるでしょう。

 

審査は厳しく、即日融資ができないというデメリットもありますが、メガバンクといわれる三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などと比べると金利が低いものもあります。

 

限度額も高いために、借りることができるのならば、活用してみるといいでしょう。

 

おススメの地方銀行一覧

地方銀行名 実質年率 融資限度額
@ 西日本シティ銀行 13.00%〜14.95% 300万円
A 福岡銀行 3.00%〜14.50% 1,000万円
B 横浜銀行 1.90%〜14.60% 1,000万円
C 広島銀行 2.475%〜13.975% 1,000万円
D 千葉銀行 1.70%〜14.80% 800万円
E 鹿児島銀行 4.50%〜14.50% 500万円
F 京都銀行 3.975%〜11.975% 500万円

 

まとめ

「今すぐお金を借りたいけど、どうすればいい?」
そのような想いを持っておられる多くの方に、情報をお伝えしました。

 

お金に困ってしまうことは少なくありません。長い人生ですから急にお金が必要になることもありますし、なかなか貸してくれるところが見つからない場合もあるでしょう。

 

そんなときには、ぜひこのサイトを参考にして頂きたいと思います。必ずお金を借りる方法がみつかるはずですから。